« 直訴の結果 | トップページ | 家でショッピング »

2006年6月21日

最後の砦 登場

PIEでガラス越しにしか見えなかった.Panasonicのデジタル一眼が遂に発表になった.

LUMIX-L1・・・フォーサーズマウント ライカブランドレンズ搭載

格好いいじゃん!これが第一印象.ライカっぽさ?を意識したRF風デザインはオリンパスE-330とミラーボックスを共同開発.よってライブビューも可能.ペンタ部の出っ張りを押さえたペンタダハミラーもデザインに大きく貢献してる.

面白いのは,レンズに絞りリングを付けている所.ニコンもペンタックスも絞りリングを廃止した新しいタイプのレンズへ切り替えているのにその逆を行くとは何とも言えない.絞り自体はレンズモーター駆動なので,ダイヤル代わりなのだろうが,このコストのかかる機構をあえて入れてくる辺り,結構アツイ.

シャッター速度もダイヤル式で,一見古風.常用域のシャッター速度だけがダイヤル式で高速と低速は別な方法で操作するみたいだ.面白い.

どう見てもガンガン撮りまくるような性格のカメラではない所が他とはちょっと違うなと感じさせてくれる.

7月はペンタK100Dとソニーα-100が出て更にLUMIX-L1,前者2つはボディ内手ぶれ補正でLUMIXは手ぶれ補正付きレンズがセット販売.

これからの一眼レフは,どう考えても「手ぶれ補正」がキーワードになりそうな予感.ニコン&キヤノンがどう出るか楽しみ

|

« 直訴の結果 | トップページ | 家でショッピング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/2319530

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の砦 登場:

« 直訴の結果 | トップページ | 家でショッピング »