« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月25日

ありがとう,アダプトール

なんだかニコンが怪しいディザ広告を始めた.
「もう1つの10.2メガピクセル」って書いてあるけど,どうやらD70sの後継機の匂いがする.D80あたりかな?日付もカウントダウンされている.

情報が漏洩するくらいなら,小出しに出していこう!という方針なのか?やり方がパナのLUMIX-L1と同じで目新しさが無くてあんまり面白味がない.

週明け最もショックだったのが,アダプトールの生産中止.学生時代は1個のレンズに色んなマウントが付けられるので重宝した.と,言ってもNikonとOLYMPUSだけだったけど.

アダプトールのSP90mmF2.5我が家に現存する唯一のマクロレンズなので今でもNikonへOLYMPUSへと重宝している.MF市場は冷え込んでいて,いつかは来ると思っていたけど,遂に来てしまった.

最盛期は5,6本アダプトールレンズを持っていたけど,今では自分で稼ぐようになって?純正レンズが増えた.ただ,当時も中古ばかり買っていたので,アダプトールの存続にはあまり貢献しなかった.

後は在庫のみのマウントと,部品保持期間のみの修理続行らしい.実は,ニコンマウントの調子がおかしくて,レンズをカメラに取り付けても絞りが開ききらない不具合を長い間放置していたので,これを機に新品を1つ買おうかと悩んでいるのだ.

まずは,ありがとう,アダプトール!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日

安比奈休止線に行ってきた

Dscn0437土曜になるけど,西武安比奈線という休止線を撮りにニコン E5000を連れて行ってきた.

一応,名目上は休止線だけど,現実は廃線と一緒で40年近く放置された線路は,枕木はなくなり,新しく舗装された道路部分は線路が取り去られ,終いには橋で線路が分断される始末.復活はかなり難しい.

虚構は,夏になると誰も立ち入らないだけに植物が繁茂して.行く手をふさぐことが多く,雑木林の線路はどこを撮っても良い味出してたけど,安比奈駅周辺は藪が深すぎて立ち入れない状態だった.草の中にはマムシもいらっしゃる様子だったので深入りはしなかった.

はっきりいって人工物が自然に還る姿がこんなに美しいとは思わなかった.これはしばらくハマりそうな予感.

詳細は左の写真館にてどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月17日

ETCを付けてみた

安くあげるため,本体とセットアップはオンラインで,取り付けは自分でやってみた.結果,アンテナ分離型で部品代込で8500円くらいで付けられた.店で頼んだら倍はするかな?

取り付けも一応できた.

で,緊張の初通過シーン!

「P7160494.MOV」をダウンロード

↑5.84MBですのでクソ重いです.右クリックで「対象をファイルに保存」にしてください.

すげー緊張した("⌒∇⌒") .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日

欠陥?商品を買った

ここんところ,衝動買いが多い.おまけに会社の買い物とかもしているから,カネはポンポン出ていくけど,それが自分のカネなのか,会社で落とせるのか見境が付かなくなっている.

だから,また間違えてデジカメを買った.μ720SWが自分の思い通りでなかった腹いせかも.ベタな500万画素,しかも4年も前のデジカメなんだなぁ.

E5000ですよ!現役当初は高すぎて手も出なかったカメラが今では2万円を切っている.フラッグシップだけはあって,外装はマグネシウムだし,吊り環は一眼レフと同じタイプを採用している.しかも,液晶がクルクル回るのね.そして,28mmの広角レンズ.

売れたんだか売れてないんだか良く分からないけど,どうもこのカメラは,素性があまり宜しくない商品らしく,使いにくいだの,調光センサーの一が悪くてストロボ写真がまともに撮れない,AFがクソだの結構の曰く付き.

ファームがV1.8までリリースされていて,RAWやAFスピードの向上,シャッターレスポンスの向上まで行われているから,ニコンとしては結構気合いの入った商品なんだろう,と思って買った.

動きがもっさりっていうから,どんなに遅いのか想像してたら意外と遅くない!E990とかE-100RSより新しいんだから当たり前か.なんかもっと最悪な結果を予想していたけど,良い意味で裏切られた.AFも早くもないけど,どこぞのいい加減なピントを出すカメラよりかはマシ.操作もボタンが多いからやりにくいかと思ったけど,すんなり理解.よく見たらボタンの配置,機能までE990とほぼ一緒.そりゃ,分かるわけだ.

画質は今のものと遜色ないくらい抜群の解像力.さすがはフラッグシップ!レベルが違う.2/3型CCDの割にボディもコンパクトだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日

取れない話

久々にキタムラ行ったら,「おおっ」って思うレンズがあって危なく買いそうになった.その実は,ZUIKOの500mmF8ミラーレンズのしかもOH済.黙ってみていたら「買わない?」って言わんばかりに頼んでもないのにショーケースから出してくれたりして参った.商売上手いな・・・.

30K切っての登場だからクラクラって来たんだけど,オリンパスOMの性質上ミラーなんて望遠滅多に使わないって思ったので買わなかった.ZUIKOのミラーレンズ自体はコレを逃したらしばらくはお目にかかれないとは思うけど,いいの.

その代わり,三脚を買ってしまった.しかも買いたくても高くて買えなかったカーボン三脚.15K・・・普通の三脚と値段が変わらない.

Carmagne G5400.結構前の型落ちだけど,現品限りの新品の保証付き.さすがはカーボン軽い!って言いたいけど,なんか淀で見たカーボンと比べると思ったより軽くない.確かに重さは2kgを僅かに切る位だけど.なんでだろうって後で調べたら,雲台はアルミダイキャスト製,雰囲気からしてベースもアルミ製.普通の三脚と違うのは,脚だけ.それだけでも1kg近く軽くなっているのは凄いけど,雲台もマグネシウムが良かったなぁ.カタログを見ると雲台をマグにしても数百gしか変わらないっぽいケド.

買った後に問題勃発!分離式にセンターコラムが外れない.ありったけの力(非力だけど)出したけど外れない.店頭に持って行き,店員2人で雑巾絞りやったけど一向に外れない・・・.ダメなら修理でって置いていったら数分後TELがあって外れたとのこと.雑巾絞りを頑張ったそうな.

外れないと言えばタワーバー.これまたサスペンション取り付けナットがクソ硬い.外れないので中古車ディーラーへ行って工具を借りてやってしまった.どうやら,自前の工具が柄が短すぎてショボかったようだ.今後のためにもまともなモノを買おうと決意.ディーラーのお陰でタワーバーはなんとか工賃をかけずに装着完了した.

走りはちょっと変わったような.渋滞ばっかなんで効果が実感できないのだ.峠に行かなくちゃ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日

CFとxD

Dsc_1256s 会社で共同購入したCFとxDがようやく来た.

CFは必要かどうかも良く分からないけど,安いので4GBのCFを購入.D200でRAWで撮っても300枚弱いける.嬉しいねぇ.2GBをバックアップに回すという贅沢っぷり.

メーカーも知る人ぞ知る,EVER GREEN.ベンチマークとかを見ると一流メーカーに比べれば落ちるっぽいけど一応133倍速だし,普通に考えて今まで使っていたGREEN HOUSEの80倍よりかは早いだろうという勝手な目論見.どちらも三流メーカーであることは自明.

上海問屋のTONOSAMAシリーズなんだけど,4GBに描かれている武将?は千利休.千利休は殿様じゃないだろ!って突っ込みは無し?!変にきらきらしたシールが貼られていて,かなり微妙な高級感を演出している.

xDは無論.μ720SW用.256MBでは容量的に物足りないのとノーマルタイプで大画素数だと記録にもたつきがありそうだったから512MBのTypeHを購入.256MBがほとんどタダみたいなお値段だけにあまり未練はなかったりする.

安いSandisk製を買ったのに,パッケージされている中身には「OLYMPUS」ロゴが・・・.ご丁寧に中にも「FUJIFILM」or「OLYMPUS」という絵が描かれていて,どちらかのブランドのxDが入ることが容易に想像できる.これってOLYMPUS純正?なのか.OLYMPUS正規品は2千円程高かったけど.これじゃ,純正買う価値ゼロじゃん.

しかし,xDは高い.単位容量当たりの単価はCFの倍位する.それでいてメリットはないどころかトラブルメーカーなんだから,クソだのやめろだの言われるのも無理ない.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »