« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日

μ725SW

μ720SWがちょっと値下がりしたと思っていたら海外では,μ725SWなんてのが出てるですな.
耐深が3mから5mに変わっただけという,潜らないКИЁにとっては全くどうでも良いようなマイナーチェンジ.μ720SWオーナーとしてはもっと,改善して欲しい部分はいっぱいあるんだけど,これだけみたい.

半年で新製品ってのも,開発者は大変だ.いつ寝てるんだろうか?目新しさの訴求のため,新製品を出し続けなくてはならない状態.ホント,開発者は大変そうだけど,細かい変更でクルマのマイナーチェンジみたいに少しずつ良くなって行くのはユーザーとしてはとっても歓迎.

今КИЁが持っているLUMIXのFX7は,FX8→FX9ときて28mmレンズのFX01→FX07となって外観はほとんど変わらないけど,広角レンズが付いたり,画像処理エンジンの改良で絵も電池の持ちもぐっと良くなっている.FX7でも十分満足がいくけど,使っている人だからこそわかる「痒い所」が次々良くなっていくのは,ありがたいし,買い換えたいと思わせるところがニクイ.

全くの新規で新製品を出すのも,目を惹くけど,ちょっとずつ改良を進めてきた製品ってのは本当にイイ.こないだも友人が「デジカメなくしたから欲しいんだけど」って聞いてきたんで即答でFX01を勧めた.ニッチだし,同シリーズを自分が使ってて良いと思うし,おまけにFX07の登場で値段もこなれてる.FX07の方が新しい分「良いはず」だけど,熟成が進んだこのカメラは,どっちを買っても損はない.値段と目新しさをを天秤にかけてかなう方を選べばいい.

しかし,フジのコンデジっては凄いですなぁ.高感度って単なる数字上のウリ文句だと思っていたけどホントに画質がイイ.ISO800が他社のデジカメのISO200くらいの雰囲気.全然レベルが違う.このエンジンを積んだデジイチが出たら恐ろしいことになりそうだ.ISO3200とかが常用できる日も近いんじゃないかなぁ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日

不具合

ここ最近,金にモノを言わせて新品ばっか買っているКИЁだけど,何故か買うモノ買うモノ,問題発生率が高い.
あの,別に買って後悔してるとかそーいう問題じゃなくてね.

つい最近は,SB-600の上下首振りのロックボタンがペロンと剥がれてばねがこんにちはをしていた.思い当たる節もないし,ほんとごく自然にペロンって剥がれた感じ.

μ720SWは買って半年も経たないけど,レンズバリアの開閉が良くない.電源SWを入れると本来ならスッとレンズバリアが開くはずだけど,1日くらい置いとくと,電源ONにしてもすぐには開かず,ちょっと経ってから勢いよくバチーンと開く.一端,バチーンの儀式をやっちゃえばしばらくは何事もなかったかのようにちゃんと動くんだけど,また1日置くとまたバチーンと勢い良くレンズバリアが開かせなくてはならない.

D200は,遙かに些細なことだけど,十字キーのプッシュ(押下,Enterでいいのかな?)が上手く押せない.十字キーにちゃんと指の載せてしっかりプッシュすれば,きちんと動くけど,ラフに押すとダメ.すぐ上下方向への感知が働いて,ヒストグラムだのEXIF情報だのが出てきてしまう.これは結構煩わしい.最初に使ったD200はそんなことなかったので,おそらく個体差だと思うけど,何とかして貰いたいところだ.

で,今日はSB-600の修理を頼みに行ってきた.保証内修理なんでもちろんタダ.時間も2時間程で終わった.そのときにD200の話もしてみたら「そーいうお客さんもいらっしゃるのですが,再現すれば一応調整(修理)はします」とのこと.あきらかな故障ではないので,判断が難しいところ.でも,ニコンは客の要望しだいでちゃんとシャッターボタンの重さとかまで調整してくれるらしいのだ.さすがはプロを相手とするメーカー.ユーザーの細かい要望まで応えるのが人気の理由なのかもなぁ.

今日もニコンF2をOHに出している人がいた.「父のなんで」と言っていたけど,30年も経ったカメラを修理を受け付けてくれる会社の体勢はいつまでも継続して欲しいもんだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日

D80は買いません!

D80が発表になった.Nikonユーザーとしては,D200の画質が低価格になったというニュースがあるだけで,他社に比べるとゴミ取りも手ぶれ補正もついていないのに,値段は一丁前(ボディ単品で12万円)だから,商品の魅力としてはイマイチ.

D200はオーソドックスな造りでカメラとしての良さが受けてたけど,D80ではそこまで惹かれるところも無い.
無論,買いませんね.

D200をお盆前にちょっとだけカッチョ良くした.
購入時に一緒に買おうかどうか悩んでいた縦位置グリップMB-D200をやっと買った.
今は供給も安定していて,量販店で極普通に買える.

付けてみるとやっぱりデカイ!ものすごくエラそうな外観になったぞ.バッテリも2個搭載できるようになったので2個挿入.
標準レンズでも結構重い.ホールディングは安定するけど肩には応えそうだ.

使ってみると確かに縦位置のホールディングは安定するけど.眼前に垂れ下がるストラップがうざい.顔に触れて気になって仕方がないのだ.何でみんな不満に思わないのかなぁと思ったら,よく考えると私の効き目は左,大方の人は効き目が右.右利きの人はカメラが顔面にくることはないからそんな不満出ないんだね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日

夏満喫

P8190630 今年の夏は,夏らしい夏を未だ感じてない!ということで,三浦半島を突如ドライブしてきた.自宅から1時間ちょっと,案外近い.

10:30位に着いたら観音崎の駐車場はほぼ満車.海岸は,海水浴客でいっぱい.岩場なせいか,江ノ島みたいに人がいっぱいという状況に陥らないのが,不思議.天気も良いし,じりじり照りつける太陽も夏らしくて絶好の海日和.対岸には房総半島もくっきり.

1人場違いな格好で海岸線を歩き灯台を経由して観音崎を1周.砲台跡とか戦跡もあって,写真スポットしては困らないかも.観光地の影に密かに60年前の遺跡があるのが不思議だ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日

日光行ってました

Dsc_1920s お盆は,大学時代のサークルの合宿の顔出しに日光へ行ってた.

温泉は良いね~.気持ちいいし,ホント肌がすべすべになる.でも,これって硫化水素で角質を溶かしているからなんでしょ?

夜型の生活になってしまう性質上.せっかくの奥日光にも関わらず,まともな観光もしていないという勿体なさ.お盆まっただ中の12日に出発したにも関わらず,渋滞したのは首都高だけという運の良さ.夕方に出たのが幸運の秘訣かなぁ?

15日の帰りは足尾経由で関越で帰宅.さすがに渋滞にはまった.

撮った写真は後日UP予定.数は少ないし質も良くないんで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日

HDD逝きました

週末,大容量のデータの処理をしていたら,PCがフリーズ.
「このドライブはフォーマットされていません,フォーマットしますか?」
と聞いてきた.
しかし,フォーマット中再びフリーズ!もう,ダメだ・・・.

もともとメインでは使っていないバックアップドライブだったので,さほどショックでもなかったし,4年以上経っていたのでそろそろかなと思っていたこともあり,あっさり買い替えを決意.

HITACHIの80GBのHDD,HDS728080PLAT20.いちばん安いやつ.5,000円で買える.パソコン自体来年当たり買い替えを考えているので,あまり無駄な出費はしないことに.思えば,メインドライブもこれとまったく一緒.安いの選んでいたら結局,同じドライブを2台付けてしまった.

交換中,ケースの換気用フロントFANが動いていないことが判明!いつから?全然気付かなかった.交換要か?せめて今夏だけ乗り切ってくれ~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日

早起きしないと見られません

花火見た次の日はも頑張って早起き.っていうか目覚ましもかけずに寝たのに,いつもより早く目覚めた.

Dsc_1772s 今日はちょっと特別な日,薬師池の大賀ハスの早朝公開日.行っても爺婆共の集いのようなもんなのだが,やっぱり理屈抜きで綺麗なんで行ってしまう.

早朝にもかかわらず,駐車場はほぼ満車.公園内はカメラ片手のオヤジだらけ.

負けじと三脚とD200を担いで行き,勢いだけ乗ってみる.ただ,大した長玉は持っていないので,シグマの70-300mmAPOをにょ~にょ~と伸ばして撮影.

さらに,魚眼を出したりして,一生懸命なおじさま方も絵になって頂く.さすがにこーいうアホは自分以外いなかった.

Dsc_1806ss ハスの色合いは難しそうかぁと久々にRAWで撮った.家に帰ってみてみたら,意外とそのままで行けそうな感じ.カメラは進化してるのな~.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日

花火だぞ~

厚木の鮎まつりの花火大会に行って来た.

たしか,行くのは2回目.3時間ちょっと前に行って,打ち上げ場所に近いそこそこの場所を確保.早い人(ご近所)は6月から取っているそうな.マネ出来ん!

Dsc_1460s なかなかの花火日和で,多少煙が溜まっていることがあったモノの,結構綺麗に見えた.やっぱ本物の迫力は違うわ~.ムービーにも撮ったけど,その場の迫力ってのは全然記録されてこない.いちばんは空を貫く「ドン」っていう音だろうなぁ.

左の写真は一応合成無し.単発写真を大量に重ね合わせて作る主催者の意図ドン無視の見た目派手な合成写真は時間があるときにでも作ろうと思っている.

気合い入れすぎて,400枚程撮っちゃったんで素材の選定も大変なのだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »