« ラ,ライカM8!はデジタル | トップページ | 被写体としての「廃墟」 »

2006年9月17日

D200退院

修理が完了したD200を受け取ってきた.

十字キーの真ん中PUSHボタンの動作不具合は再現しなかったとのことで少々不満.
一応,調整はしたらしいのである程度の効果は期待できそうかと思うけどどうなんだか?
使ってみたけど,良くなったような変わらないような・・・.

縞のノイズ&ホットピクセル関係は調整にて修理ということだったけど,よく見ると交換部品の中にDG基板部組というのがある.何のために交換したのか聞くと,縞ノイズ対策のためらしい.調整で直すと聞いたけど,部品交換って重症??だったのか.

試写してためそうと思う,けど天気悪りぃ~.

|

« ラ,ライカM8!はデジタル | トップページ | 被写体としての「廃墟」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/3471277

この記事へのトラックバック一覧です: D200退院:

« ラ,ライカM8!はデジタル | トップページ | 被写体としての「廃墟」 »