« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月23日

恵☆病院解体?

Dsc_2421s DQNに荒らされまくりで有名な恵☆病院だけど,我が家からのアクセスは意外と良くて,簡単に行けちゃうせいか.再び行ってきた.
前回は,DQNが活動中だったせいで,やり過ごす為に神経をすり減らしていたけど,今回は冬!この時期に肝試しには誰も来ないだろうってことで,手慣れた感じで裏口から潜入.
近くて工事の音がするけど,気にもとめず帰ってこっちの歩く音が目立たなくなるので好都合と喜んでいたんだが・・・.

が,しかし,またもや予定外のことが発生!なんと病院のエントランス(駐車場)らしき場所で工事しているではないか!
近すぎる!っていうか不法侵入バレるじゃん.
大あわてで身を隠せるような行動に変更.今回の目的は,なぜか前回見忘れた手術室や霊安室,レントゲン室,実験室?,歯科病棟を見るためで目的は明らか.さっさと見つけて退去せねばって感じで,またもや焦って回る羽目になった.

幸い,昼休憩に入った瞬間にエントランスに近い歯科病棟の侵入に成功できたので一応目的は果たせた.

駐車場には多数の鉄パイプが置いてある・・・.ということはこの病院も解体か?
もしかするとこれで見納めかぁ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日

水根貨物線

Dsc_2284s 久しぶりに廃墟系が撮りたくて廃線を訪れてみた.
奥多摩湖ロープウェイへ行ったときに下見した水根貨物線である.

下見したときは草ぼうぼうだったけど,12月ともなると草木は枯れだいぶ歩きやすくなっていた.
夏ではかなり藪コキをしないと進撃できず,歩くという目的を果たすには草のない時期を選ぶことが肝要みたいだ.

正式には休止線で,いまでもちゃんと管理している企業がある.ただ,ほとんど放置プレイ状態.
山中の線路だけあって荒らしがないのか保存状態は割と良く,しかもかつてテレビ番組で廃線復活みたいな企画でも使われたらしくなかなか歩きやすい.

とはいえ,50年経った線路は結構腐敗して,特に鉄橋は錆&腐食でかなり危険!だからといって尻込みも出来ないので意を決して渡っちゃったけど,崖下を見れば沢・・・,運が良くて骨折,ヘタすると・・・って位足がすくみそうな程高い上,橋が頼りないので命を大事にしたければ立ち入らないのが吉.

全行程の半分はトンネルか?ってくらいトンネルも多くて中には,入口から出口が見えないほど距離が長くて曲がっているトンネルもあったけど,橋に比べたら危なくないし,暗いところがヘーキであれば楽々.

かつての鉄道もいまでは,獣道で線路には至る所に鹿の糞が散在.踏まずに歩く方が難しい?ってくらいあった.
全行程3時間弱.そこそこ歩き甲斐のある道だった.
安全に廃線を見たければ,線路と平行して延びる旧青梅街道(むかし道)のハイキングルートを通れば遠望できるとのこと.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日

紅葉

P1020868s 日本人たるのか,桜と紅葉だけは見ずにはいられないみたいで,首都圏の紅葉でまだ行ったことの無かった六義園へ行って来た.

カメラも,いつもと違うレンジファインダー.いつ買ったんだ?とかは聞かないことw
レンズは1本は借り物である.

紅葉自体は,少々見頃を過ぎた感じで,順光では赤いというか赤黒い色で,時既に遅しという感じ.
逆光で上手く誤魔化して撮る感じだ.
それにしても,都心は紅葉する木が少ないのか,有名だからか知らないけど,大した木の本数もないのに人ばっか集まっていてとにかく落ち着かない.ちょこっと前に会津の大自然を見てしまったせいか.個人的には期待はずれで興醒めだった.

入場料だけはがっつり取るので,とりあえず,元取れるように散策して,六義園の後は隣接する旧古河庭園へ.ここも有料.大昔(ワタクシの親が子どもだったころ)は両方とも無料だったそうな.
旧古河庭園も.紅葉はさしたる所はなく,とりあえず,苑内にそびえ立つ洋館を撮れた分,少し満足.

レンジファインダー自体,初心者な事もありピントと画角あわせは大苦戦.
ごちゃごちゃした紅葉は,二重像で合わせたつもりが全然あっていないことしばしば.ちょっと離れたところをピント合わせて撮ったつもりが,撮った後ピントリング見ると1m付近を指していたり明らかにピンぼけ量産.上がりも予想通りで激しいピンぼけ.
コントラストがはっきりしたヤツなら楽だけど,RF慣れないと辛いなぁ.と,一眼レフが少々恋しい週末だった・・・.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »