« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日

突発的に撮りに行ってきた

Dsc_2729s 久々に日が空いたんで.いつのも写真撮りの面々でお出かけしてきた.
突発的だったのでヒコーキが撮りたいの一言で,場所は大井埠頭に決定.

羽田空港へ着陸する飛行機を撮ろうと目論むもどうも今日の天候では,埠頭側からの着陸はないらしく,離陸する飛行機だけが間近に見える.

飛行機に飽きて,今度はなぜか東京港野鳥公園へ・・・10年ぶり(もっとか?)くらいに行ったけど,当時の記憶なんてさっぱりなかったから,全部新鮮.野鳥に興味がないとイマイチかも.双眼鏡も長玉も持たないКИЁにとっては準備不足.

その後は暗くなるまで工業地帯をぶらぶら.24時間稼働はいいけど,空気悪りぃ.近くにはとてもじゃないけど住めないし,働いてても嫌な病気になりそうで陰鬱な気分.でもここで働いている人のお陰で我々の生活がなりったっているわけで感謝しなければならないのだ.
そんなことも考えながら,人気が無く機械だけが動き続ける鶴見線沿線を思い出させる工業地帯を歩いたのだった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日

お年玉箱・・・使う

欲しくもないのに(酷い言い方だな)手にしてしまったOptioM20くん.
ワタシャ,カメラなら何でも良いみたいだw

700万画素で3倍ズームってのは,手持ちのμ720SWと同スペック.同社の防水機能のないOptioW20みたいなもんだ.

Imgp0046s 実売2万円くらいのエントリークラスなんで,大した機能は付いていないことは確かだけど,それでも彩度やコントラストがいじれたり,MFまで付けちゃう所がペンタックスらしい.エフェクト機能が付いてるあたりはかつて持っていたOptio33Lあたりを思い出させてくれて遊ばせてくれそうだ.
この機能がμ720SWに載ってくれないかなぁと思っちゃう程μは,凄くシンプルで弄れない.

起動は恐ろしく静か.レンズ駆動音がもの凄く小さいのだ.レンズが小さくて軽いからモーターに負担が掛からずスッと出る感じ.肝心の写りはレンズがあまりよろしくないのか今ひとつ.ハイライトには強烈な滲みが出るし,アウトフォーカス部も滲みが出て眠い感じだ.画質もμ720SWと似た感じで,極小CCD画質の特性?等倍で見るとモソモソした感じ.高感度もISO400までが限界・・・というのも同じ.
もっともバカみたいに等倍鑑賞などせず,エントリークラスなんだから,Lないしは2Lサイズにプリントで楽しむってのがお似合いなのかも.

電池はアルカリ乾電池でも十分撮れるみたいで,付属の電池で結構撮れる.アルカリはホントの緊急用だと思っていたけど,このカメラに至っては常用できる.凄い!オキシライドなんて奢ったら御の字かもw

HPプリンタPhotoSmart475も試しに1枚印刷.期待してなかっただけに黒に締まりがないけど意外と画質は良くてビックリ.
おもちゃみたいなプリンタだけど,なかなか早いし,はやるのも納得した.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日

新年明けまして!

年越しは恒例となりつつある,大学時代からの友達との年越しアホイベント.
今年は,昨年と違い,温く屋内で年越し.
テレビ並のヴァカを年明け早々やって,「サイコロの出た目」割る2の服を着てガリガリ君を買いに行き,食べながら帰ってくる!意味不明企画.
程良く,2枚着て(寒い!!)ガリガリ君を買ってなんと「超大々吉」なんて出てみて,『もしや,当たりでもう1本?』という早とちりをしそうになり,ただのおみくじであることに気付くまで外袋を捨てたコンビニのゴミ箱まで確認に行く始末.

Dsc_2497s 無論,初日の出も拝もうと・・・・いろいろあってビルの谷間から何とか日を見て,とりあえず年明けの目的は達成.
その後,新宿に繰り出し.ワタクシはなーんと,ヨドバシの2.5万円のデジカメお年玉箱を買ってしまいましたよ!

寒空の下,小一時間並ばされようやく手にしたデジカメ箱.ポイント使ったんで実質1万円程で手に入れて,期待の中身は・・・.

双眼鏡

むろん序の口

ボトルんです

おまけだね

HP PhotoSmart475
なんと,コンパクトプリンタ

ATPの1GB SD(ブランドもんだよ)

PENTAX Optio M20
これ?これですかぁ.

電池は単3がパッケージされているのでデジカメ入門者でもこれで「撮って,保存して,プリントできる」
セットが揃っている.無難と言えば無難.

プリンタなんて要らないから,2.5万円で得したぁ.って思えるデジカメが1台ポンって入ってくれれば良かったなのになぁ.
という希望はダメですかぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »