« Nikon DigitalLive! | トップページ | 最終工場(写真展) »

2007年10月 6日

『ニッポンの廃墟』という本は

『ニッポンの廃墟』という本が最近刊行されている.
全国200箇所の廃墟が地図付きで紹介されているのが特長と言うが,買ってみればそれだけを持って廃墟へ行くことは不可能である.そんなバイブルが無くても,インターネットが繁茂しているこの時代,廃墟の場所を特定することはそう難しいことではない.
コイツの便利なところは,広域地図にマッピングされているので探索ルートを考えやすいことだったりする.

それはそうと,茨城廃墟に乗り込みましたよ.割と近いのに行ってなかった.行くまでに都心を抜けるというのが激しく億劫なんだわ.『ニッポンの廃墟』によると茨城はキワモノ廃墟が多いとのこと.

Dsc_5740s 1件目,有名結婚式場廃墟H.確かに結婚式場で廃墟って他に聞いたことがないなぁ.見つけにくいという本の内容とは裏腹に県道からも丸見えウェルカム状態ですぐ発見できてしまう.逆に侵入が見つかりやすいのが還って難点.入りやすいってことは荒れ放題で・・・.火事の跡もあり,また,対面室やら,待合室は,窓がない真っ暗空間なので写真が撮れない.
ストロボ撮影は趣味じゃないので,諦めた.

2件目,有名ストリップ劇場A.ここは見つけにくい.これまた火事場.かなり焼けている.足下も危うい.本来光が入らない劇場だけど崩壊した屋根から入る柔らかい光が写欲をそそる.小さいけど,面白い.人通りがない道路なのに物件の前で立ち話する女性らしき人影・・・.出口そこだけなんですけどヽ(`Д´)ノ
見つかりたくないので回避行動.裏手雑木林からの脱出.無駄な努力をした.

3件目,栃木へ移動.サイコな診療所T.駅の傍,学校の傍,荒らしが凄い.全然ダメ.栃木の恵心病院だなこりゃ.診療所という割に入院施設があったりなかなか豪華.そして和室,妙な風呂,坐薬,黄ばんだナース服が散乱,カルテやレントゲン写真が放置.東洋の医療っていうか,マッドなセンセーが怪しい治療をしていた雰囲気.スク水着があるって聞いてたからちょっとワクワク?してたけど,見つからず.

今回行った3箇所は,火事場×2,DQNの活動場所という雰囲気的にはイマイチ物件だった.やっぱ,廃墟は自然崩壊系だな.

|

« Nikon DigitalLive! | トップページ | 最終工場(写真展) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/8277014

この記事へのトラックバック一覧です: 『ニッポンの廃墟』という本は:

« Nikon DigitalLive! | トップページ | 最終工場(写真展) »