« 気のみ気のまま・・・ | トップページ | 初ちゅうぶるレンズ »

2010年1月20日

カブ110半年点検

20100120_1 の葉書が購入店から来た.
こういうお知らせはありがたいが半年で点検しなきゃならないほど走ってないし,必要なさそうなのでパスするw

思えば5,000km乗っていない.
これが少ないと見るか多いと見るかは人それぞれだけど半年経って気になるマイナートラブルが少々・・・

ギヤ抜けである.
MT乗りなら誰でも1度は経験する『芋掘り』ってヤツに近い.でも遠心クラッチのカブに芋掘りなんてあり得ないだろうと思いきや2段クラッチのカブ110にはギヤが完全に入りきらず

ガラガラガラ~ッ!

という凄く機械に悪そうな音を発することが希にあるのだ.
操作する側にも若干思い当たる節というか「今のペダル踏み込みちょっといい加減だったな」というときにこの現象は発生する.スタート時の加速中に多い.

20100120_2 あとハンドル下回りからのビビリ音.速度というよりかは一定のエンジン回転数による共振で起こるみたい.エンジンが静かすぎるモンだからエンジン回転数を上げるとブォーーンというビビリ音が気になって引っ張らずに変速してしまう.これは何とかして欲しい.

思い出せば乗り出しの頃はフロントの付け根あたりからカッコンという音がすることもあったけどこれはいつの間にか解消sweat01

FIだし遠心クラッチだから基本的にエンストは無いはずなのだが,経験アリ.1度はコールドスタートでエンストcoldsweats02冬場は10秒位はアイドリングしてやらないとね.3速でトロトロ走っているときにアクセルオープンでエンスト直前みたいなノッキングというビックリ現象もあった.

今後のモデルではこういった点は解消して欲しい限り

|

« 気のみ気のまま・・・ | トップページ | 初ちゅうぶるレンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/33036358

この記事へのトラックバック一覧です: カブ110半年点検:

« 気のみ気のまま・・・ | トップページ | 初ちゅうぶるレンズ »