« スーパーカブ110に新色が出た | トップページ | NikonD3100発表 »

2010年8月19日

車中泊ができるクルマ続々と

休日高速道路1,000円化してから急に増えた気がする.車中泊の方々.
夜中のSAが満車に近い状態だったのには正直驚いた.

数年前までは車中泊なんて貧乏人か物好きのやることだと思われていたのだが,今では車中泊の本が本屋で平積みされているんだからすごい・・・.

20100819_1

そんなニーズに応えてか最近一風変わったクルマがリリースされた

タウンボックスキャンパー(三菱)

20100819_2

タウンボックスのキャンパーバージョン.他のキャンピングカーと違うのはメーカーメイドであること.だからメーカー保証もある.お値段が,\1,386,500~と意外と安いのも魅力的happy01

だが,複数台はなかなか持てない日本のクルマ事情に愛車がこれ1台というのも寂しい.オープントップも中で寝たりはできないみたいで,かつてのボンゴフレンディのようにはならない.軽だから登坂路はそれなりに辛いだろうし,年に数回の車中泊のために日常を我慢するのは嫌だ.せめてクルマを2台以上持てる環境が揃っていれば欲しいかな?

もう1台はフリードスパイク(ホンダ)

20100819_3

モビリオスパイクの後継車.リアシートをたたむと2000mm超える荷室長は人が寝るには最適な距離.快適な車中泊はフルフラットシートで寝るのではなくすべてシートをたたんでラゲッジで寝るのが快適note

そんな意味でフリードスパイクのコンセプトは車中泊の理にかなったシステムになっているのだが,問題はお値段・・・¥2,460,000(Giエアロ)はもはや1.5Lコンパクトカーとして出せる値段はないよな・・・

|

« スーパーカブ110に新色が出た | トップページ | NikonD3100発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/36220176

この記事へのトラックバック一覧です: 車中泊ができるクルマ続々と:

« スーパーカブ110に新色が出た | トップページ | NikonD3100発表 »