« カブ110で通勤週間 | トップページ | 1年ぶりにフィルムを装填 »

2011年3月18日

東北地方太平洋沖地震から1週間

あの恐ろしい地震から1週間が経った.

復興に動きは見られるものの福島第一原発など予断を許さない状況が続いている

20110318_1

計画停電中

日本人の一致団結力には正直驚いた.東日本の人たちは大きな地震を経験したからだろうが,節電に対する取り組みの良さには感心した.

小田急は本数を減らしかつ車内の電気を消して走っている.
会社では暖房も電気も点けず,ひざにブランケットをひいて明るいうちに仕事を終わらせ帰宅する.
店が蛍光灯の数を減らしている.音楽もならさない.

みんな日々の生活に支障をきたさない程度に頑張っている.多少の不便なんて誰一人文句をいわない.暖房も無い食料も満足にない東北の方々を思えば自分たちなんて大したことないんじゃないかと協力できる.

20110318_2

雲仙火砕流の被害を受けた銀杏.災害後不屈の生命力で生き返った

Twitterをはじめ,各所から寄せられる様々なコメントに涙をおぼえた.みんなやさしいじゃないか,今無理しないでいつ無理するんだ.前向きで真面目で助け合う日本人なら,世界が驚くような勢いで復興を遂げられるはずだ.

微力ながら協力できることは節電と募金.社会人である私たちにできることは1日でも早い経済復興.世界はいま日本にいちばん注目しているのだ.

|

« カブ110で通勤週間 | トップページ | 1年ぶりにフィルムを装填 »

コメント

私もTwitterで東京消防庁のハイパーレスキュー隊の方のツィートを読んで目頭が熱くなりました。
何とか、原発事故問題がうまく解決できるように祈りたい気持ちです。

投稿: camel | 2011年3月19日 13時09分

この災害を受けてTwitterの力を思い知りました.
たった一言で連絡が取れ,情報を周知させ,感動を伝え,みんな一体になれる.

原発事故は一刻も早く危機を脱して欲しいですね.多くの国民が地震も津波も乗り切ったように思えた施設が突然爆発するなんて思っていなかったでしょう.

投稿: 廃КИЁ | 2011年3月19日 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/39280909

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震から1週間:

« カブ110で通勤週間 | トップページ | 1年ぶりにフィルムを装填 »