« 防水カメラの真打ち!? | トップページ | 防水デジカメを買い替えました »

2011年6月12日

大平宿へ下見?

高速休日1,000円の恩恵をあんまり受けてないようなぁと思い雨rainが降りしきる中ちょっと遠くに出かけてみたdash

中央道飯田ICから県道8号線をクルマrvcarで30分,人っ気のない道に突如として現れる集落

20110611_1

20110611_2

大平宿

1970年廃村になった集落をなんとか保存しようとNPO法人ががんばっている.その形として人は住まなくなった家は荒廃が進むため一般開放することによってhouse家を使用して保存するという試みを行っているのだ.

保存というと移築とか復元なんて話になりそうだけどあえてオリジナルの形にこだわっている姿勢は素晴らしいと思う.

でもそのたたずまいは廃墟同然sign02

20110611_3

おっと口が滑ったcoldsweats01これらの建物がボロいのは当然で江戸時代後期~明治時代に作られたものばかり.つまり築100年以上経過しているのだ.

20110611_5

生活の基準は1970年止まり.電気はきていてもガスや下水道は無い.

20110611_4

そんなところに泊まるのもいいんじゃないかなぁ.1泊2000円+協力費といったところらしい.食事はもちろん全て自炊.

20110611_6

個人的には過保護にされすぎて小奇麗でもなくて,ほどほどに荒廃して痛んでいる姿が気に入った.

20110611_8

「隠し剣,鬼の爪」のロケ地にもなったらしい.電線さえなければたしかに江戸時代に見えるかも.
そして自然がいっぱい,木々にはセミが沢山鳴いていた.道端にはサルもいた.

20110611_7

学校もちゃんとある.(今は倉庫?)

今度来るときは予約してツーリングで泊まりで来たいと心から思ったhappy01

|

« 防水カメラの真打ち!? | トップページ | 防水デジカメを買い替えました »

コメント

夏のキャンプに良さそうですね。

でも私は、「サイレン」というゲームを思い出すので、廃村には怖くて行きたくないなぁ・・・w

投稿: ada | 2011年6月13日 12時11分

サイレンはモデルになった廃墟が実際にあるらしいですね。
夜は真っ暗になりそうなので確かに怖そうですが、昼間は手入れのされてない大内宿って感じです。

その雰囲気にあわせてむしろ時代劇をやってみたいです。

投稿: 廃КИЁ | 2011年6月14日 06時26分

え・・・廃КИЁさんがサイレンのモデルになった廃村知らないんですか?
てっきり知ってるかと思いました。

秩父にあるらしいですよ。

投稿: ada | 2011年6月14日 11時52分

「サイレン」のモデルになった廃村を調べてみました.
浦山ダムは何度も通っている場所でした.

ちなみに県道74線はそれぞれ不思議な途切れ方をしていますがその途切れている箇所双方にも廃村が存在します.そう興味はそっちばっかりに行っていたのですhappy01

投稿: 廃 КИЁ | 2011年6月15日 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/40360573

この記事へのトラックバック一覧です: 大平宿へ下見?:

« 防水カメラの真打ち!? | トップページ | 防水デジカメを買い替えました »