« カフェカブ青山2011開催されます | トップページ | 飛騨につるんで行って来ました① »

2011年10月 4日

レンズの評価って?

レンズの名前で検索してこのブログを見ている皆さんに話がある.

20111004_1

私の評価ははっきり言っていい加減だ.評価結果は何と比較も裏付けもない相対評価でも絶対評価でもないその場だけの私情である.
だから目が肥えてくると今まで「このレンズはいいレンズだ」と言っていたのにいつの間にか普通のレンズになってしまうことだってある.
あと買った直後はテンションが高いので評価も高いw

20111004_2

雑誌や写真専門サイトの記事は客観的に見てためになる.文章の作りも揃っていて色々なレンズを比較したいときにはたいへんためになる.
ただ1つ,これらの評価サイトはお金を貰ってお偉い先生方が書いている記事である.目は肥えているので色んなことが分かっていrのは間違いないのだが,メーカーを敵に回せない建前上悪いことは多くは書かない.よくよく見るとその機材の不得手なところはあまり触れないようにして書いているので還って分かりやすいこともある.

特にチャートや定点撮影の写真は一番参考になる.撮影結果は嘘はつかない.これはじっくり見るべし.

20111004_3

個人サイトに書いてあることを信じるかどうかは難しい.どんなにボロクソ言ってもメーカーから苦情が来ることはまずないだろうから自由に書ける.でもボロクソに叩かれているところはそのレンズの欠点だ.致命的かどうかは自分で判断すればいいとして写真専門サイトでは多く書かれない欠点をクローズアップしてくれているのだから重要な情報だ.

デジタルになってこと写りの評価は作例を見ることで自分の価値観で評価ができるようになったのでたいへん便利になった.性能に差はあるものの粗悪品sign01って思うほどのレンズが国内メーカーではほとんど無いのでどれを買ってもそれなりに満足できると思う.

結論:他人の意見に流されること無く買って欲しいhappy01

|

« カフェカブ青山2011開催されます | トップページ | 飛騨につるんで行って来ました① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/42149321

この記事へのトラックバック一覧です: レンズの評価って?:

« カフェカブ青山2011開催されます | トップページ | 飛騨につるんで行って来ました① »