« 日本一のほうとうを食べに行ってきました | トップページ | 江ノ島チューリップ »

2012年2月 1日

アイシンAWの6AT

CX-7を運転していてちょっと気になることがある.
ネット上の評判で聞く「アイシンAWの6ATは良い」はこのATのことを指しているのか?

20120201_1_2

CX-7のトランスミッションはアイシン製らしい.ネット上の情報で確固たる証拠などないのだがトランスミッション自体がいわゆる吊るし品で車両の諸元を調べれば確かに見えてくるものはある.
CX-7のATの諸元は以下の通り

1速:4.148
2速:2.370
3速:1.555
4速:1.154
5速:0.859
6速:0.685
後退:3.393

1速と2速が結構離れたFF大排気量用のATである.238PSあるエンジンを受け止める
ミッションでTF-80SCと呼ばれるものらしい.

英語版のWikipediaには搭載されている車種の一覧がある.

見事なまでの海外メーカー揃いsign01日本のメーカー名はマツダだけしか見当たらない.もっともマツダはフォードの傘下なので純粋な日本メーカーとは言えないが・・・.
不思議なのがトヨタでアイシンはトヨタの傘下であるはずなのにFF大排気量用のATにこのTF-80SCを使用していないこと.似たような出力を持つアルファードやマークXジオの6ATの仕様を見てもこのATではなかった.

ちょっと気になること,とは1→2速変速時のシフトショック.多段化により滑らかになっているという予想とは裏腹にそれなりにショックを伝えてくること.ギヤ比が開いているので当然とも言えるが,他の領域がかなり良いだけにもうちょっと何とかして欲しかったな,というのが正直なところ.

20120201_2
1速は割と引っ張り傾向で,一気に巡航まで持っていくような加速ではシフトショックはそれほど気にならない.渋滞ノロノロになるとちょっと厄介で引っ張りたがる1速に対して欲しい加速は僅か.1速で引っ張り続けるのは効率が悪いと判断して2速に入るが急に回転数が落ちるのでエンブレが効いたかようなつんのめり感が出てしまう.
このATを使っているのは(フランス)プジョー&シトロエン,スイス(ボルボ),アメリカ(フォード)など.彼の地では渋滞なんてあまりないからこれでいいんだってsign02か.

アクセルワークでカバーしようと色々試みているが,どうも解が見つからない.たまに「お,今の良かった」と思っても2回目はうまくいかない.
実はいちばん具合が良いのはMTモードだったりしてw

|

« 日本一のほうとうを食べに行ってきました | トップページ | 江ノ島チューリップ »

コメント

以前乗ってた初代MPV(4段AT)もそんな傾向あったなあ。渋滞でノロノロ走ってる時、減速しようとアクセルを戻すとドンというショックと共に2速に上がってしまう。

今の車はCVTだけどトルコン併用なので、フル加速するとトルコンがスリップからロックするのは感じることがあります。

投稿: やま | 2012年2月 3日 08時08分

LWのMPVも同じような感じでした.
マツダのATの癖なのかもしれませんね.

今の6速ATはスムーズ過ぎていつロックアップしているかわからないですcoldsweats011速以外はロックアップあるらしいのですが・・・

投稿: 瑞古 | 2012年2月 4日 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/43869781

この記事へのトラックバック一覧です: アイシンAWの6AT:

« 日本一のほうとうを食べに行ってきました | トップページ | 江ノ島チューリップ »