« 新型スーパーカブ110発表 | トップページ | 初車中泊② »

2012年2月26日

初車中泊①

今年初という意味もあるし,CX-7初という意味でもある.

目的は車中泊のみという企画.折角なんで夕方にhouse家を出て夕食restaurantも兼ねて御殿場の時之栖へ行った.クリスマスなんてとっくに終わっているし天気は生憎の雨rainだしこんな日にイルミネーションなんて見に来る人いないだろうって鷹をくくってたわけですわ.

なんとまぁ人大杉

20120226_1
レストランrestaurantに至っては60分待ち.儲かってるねー.

20120226_2
ここのイルミネーションを見に来るのは2年ぶり.今回はベネチアをイメージしたイルミネーションになっている.

20120226_3

20120226_4_2
時之栖を後にして本日の寝床富士川SAへdash

20120226_5
正直サービスエリアは夜中でもクルマの出入りが結構あるので寝にくいと思っていた.富士川SAには道の駅富士川楽座があるのでそっちが良いだろうと思い込んでいたが,車中泊に使えと言わんばかり駐車スペースがありここなら快適に寝られる.トイレも近く申し分なし.
夜の富士川SAを探検.

20120226_6_3
実は上り線と下り線は人の行き来ができることを初めて知った.もちろんどちらのサービスエリアも人は自由に下道から入って利用することができる.

その道は薄暗くてゴミの吹きだまりになっていてお世辞にも綺麗とは言えない.

20120226_7

本日のP泊のメンバーはいつものsweat0120120226_8
コルトプラス・・・就寝スタイルは後席シートバックを前倒ししてラゲッジで寝る後述のCX-7と同じスタイル.コンパクトカーなので荷室長が足らず斜めで寝ること.天井が高く開放的で思った以上に広い.LEDの車内照明もルーミーだった.遮光断熱関係装備がなかったので夜中は結構キツそう?

20120226_9

FIAT500・・・なんでこんなクルマで車中泊やらせるの?拷問じゃん,なんて質問は愚問.当の企画者ですからsign03簡易テントならぬCar in テントを編み出しクルマの中に遮光空間を作り出していた.ただしその狭さはB寝台並でしかもベッドは倒した助手席だから寝返りも打てない.シュラフを直前調達で-10℃対応という本日の気候では暑すぎる装備が安物シュラフ+毛布の私には羨ましかった.

20120226_10_2そしてCX-7・・・圧倒的なデカさ+人間の小ささのおかげでリヤシートを倒したラゲッジ長1700mmの中にすっぽり収まる極楽noteぶり.遮光断熱はカーテン+有りもので作った銀マット窓目張りでばっちりgood.先の2人に比べたらかなり良いとは思うが,起き上がると頭をぶつけるぐらい低い天井や倒したシートバックも完全に水平にならないので就寝スタイルもやや起き上がった姿勢になるなど車中泊に適しているとは言い切れない.

翌朝のsleepy目覚めsleepyで判断するという勝負は如何に・・・

|

« 新型スーパーカブ110発表 | トップページ | 初車中泊② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/44270331

この記事へのトラックバック一覧です: 初車中泊①:

« 新型スーパーカブ110発表 | トップページ | 初車中泊② »