« シフトノブを交換!そして河津桜を見に行ってきました | トップページ | シフトノブを変えました »

2012年3月11日

2011/3/11/14:46

あの日のことを思い出してみた.

20120311_1_2

地震の直後職場のワークステーションで被害の多きさを知り,帰宅の判断

帰宅しようにも電車が動いておらず,電車が動くことを期待して徒歩で線路沿い歩いた夕刻

駅前の電話BOXには長蛇の列

20120311_1
ようやく乗ったバスは乗りきれないほどの人がいた

日が暮れたが停電の街は街灯も信号も点かない

一向に進まないバスの運転手の「真っ暗な道を歩くのは危険ですからなるべく降りないでください」の判断

20120311_2

それから1ヶ月の間,燃料,電気,水.生活に必要なものを調達にするに翻弄されている国民.日本にいてこんな思いをすることは無いと正直思っていた.

福島第一原発が廃炉になるのは数十年先.震災+人災で起こった結末は子孫の代まで残す結果になってしまった.

いざというとき日本人は優しい
いざというとき日本人は判断が鈍い

20120311_3_2
1周年の今日はどのTV番組も震災の特集ばかり.
3月11日は日本の第2の防災の日・・・いや絆の日にした方が良いな

|

« シフトノブを交換!そして河津桜を見に行ってきました | トップページ | シフトノブを変えました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/44453185

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/3/11/14:46:

« シフトノブを交換!そして河津桜を見に行ってきました | トップページ | シフトノブを変えました »