« 清流丼を食べに下呂温泉に行ってきた | トップページ | CX4を持ってCX-7でドライブ »

2012年7月 4日

CX-7に続く新たなる相棒

CX-7が良かったのでついhappy01

最近型落ちで随分安く売ってたしCXシリーズなら何でも良かった

20120704_2
CaplioはR5を使っていた.スペックだけは優れていたがいざ使ってみるとあれれ?というカメラであったことの記憶がある.
手振れ補正は効いているんだかどうか疑問が残る効きだったし,スライディングレンズもたまにうまく動作しなかったりとハードの安定性はイマイチ.動作音も下品で画質もマクロ以外はダメだった記憶がある.

現行はCX6.いつの間にかCaplioのネームもなくなった.
しかしコンセプトはブレずにこのまま.半年に1回着実なアップデートを行い新製品として発売している.CX4にした理由なんて特になく別にCX1でもCX5でも安ければ何でもよかった.実際アップデートはファームアップでできるのではないかと思うほど地味.

R5から数年が経ちリコーも幾分改心しているのだろうと期待を込めて購入.相変わらずリコーの出すスペックは心惹かれる.

20120704_1
使ってみた印象は昔とあんまり変わらないw

電源を入れれば見慣れたUI・・・そういやGRD3持ってたんだった.

しかも手振れ補正のゴーッという音は静かな場所だと耳に容易に入ってくるし,マクロだとAFは結構マイペースに動いている.基本的な所は相変わらず.しかし手振れ補正は以前より精度UPしているらしく低速時にその効果がしっかり確認できた.

しかもマクロは相変わらず最強で,レンズと被写体がくっ付く位がっつり寄れる.

20120704_3
デジタルマクロ機能を使えばワイド端ではない状態で寄れるので実に便利だ.ただ画質的に使えるのはレンズ中心部のみで周辺は盛大に流れる.他社がマクロが5cmまでだったり,ワイドマクロに甘んじているのは性能が保証できないため.そんなことを気にせずにどこでも寄れるように作ってしまうリコーはおもしろい.

20120704_4
トイカメラ機能

画質は良くもなく悪くもなくほどほどの画質.高倍率ズームのせいかちょっと眠いsleepyな.

あれもこれもと色々と弄れるので結構玄人向けだと思うし,熟成されているのでさすがに使いやすい.とはいえ真面目に向き合わず多機能を楽しく弄り倒すのがこのカメラの良い使い方だと思うのだ.

|

« 清流丼を食べに下呂温泉に行ってきた | トップページ | CX4を持ってCX-7でドライブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/46160745

この記事へのトラックバック一覧です: CX-7に続く新たなる相棒:

« 清流丼を食べに下呂温泉に行ってきた | トップページ | CX4を持ってCX-7でドライブ »