« 素晴らしい105mmレンズとの出会い | トップページ | 天空の城を見に行く旅 -2- »

2012年10月 9日

天空の城を見に行く旅 -1-

一生のうちで一度は見ておきたいものは誰でもあると思うが,その思いの中に天空の城と呼ばれている城跡が日本にある.

その名は竹田城

20121009_9

天空の城と言われる所以は,山の頂にある城跡が雲海の上に出てまるで天空の城のように見えることから来ている.

ただしこれには雲海が出ることが条件,地形的には雲が出やすいらしいのだが雲cloudが出るかは運を天に任せるしかない.朝晩の冷え込みが大きい秋に出やすいということでこの3連休に行くことにしたのだ.しかし相手は天気sweat01

午前2時起床sleepyで出発dash今回は天気相手なのでrvcar車中泊のノンリザベーションの旅だ.しかも同行者付き.

朝の東名渋滞を逃げ切り湾岸長島PAで朝食.

20121009_1
PAの食事に文句は言いたくないけど,納豆がイマイチ.豚汁?が煮詰まってる鮭が風味がない,吉野家あたりの朝定食とは全く違う味でガッカリsad

途中渋滞があったが目標は12時に姫路に着くことにしていた.なんとか間に合ったhappy01

20121009_2
姫路で昼食を摂ることにしていたがほとんど何も考えていなかったのでテキトーなリサーチの結果たまごや」でたまごかけご飯+穴子トッピング.(530円+350円)

20121009_3
たまごウマスsign01たまごとごはんは食べ放題.穴子は蒸していないので身が締まっている.これもイケるsign01

お昼の後は世界遺産 姫路城

20121009_4

D700+A007

白鷺城ドコ~?

残念なことに姫路城は今は修復工事中で石棺みたいな建物の中.工事は来年の3月までなのでもうちょっと後にくれば良かった.その代わり城の瓦や鯱が目の前で見ることができる.

20121009_5

20121009_7_2
D700+A007

敷地はかなり広く天守閣が無くとも化粧櫓あたりだけでもそれなりに見応えがある.

更に別途200円支払うと修復中の中の様子も見ることができる.商売堅いw

20121009_6
D700+A007

姫路を後にしたのは15時頃.敷地内が広くて移動に時間がかかるのと市街地の酒屋でbottle酒を仕入れていたらこんな時間に.結構楽しんでしまったcoldsweats02

先を急いで16時30分に立雲峡着.立雲峡への道は狭いと聞いていたがホントに狭いくて分かりづらいsign01狭いところはクルマ1台通るのがやっとの幅で絶対にすれ違いたくない

駐車場からは徒歩で登山.第1~第3までの展望台を下見.秋分を越えた後の日の入りは早いので急がなくはならない.おすすめはやはり明るいうちに下見することだ.

20121009_8

D700+VR70-200mmF2.8G

やはり良いのは一番高い位置にある第1展望台.登山で30分とあるが20分くらいで登れる.竹田城より高い位置にあることによって城の奥行き感を感じられる.第2は足の踏み場がないほど狭いのでイマイチ.第3は低いので楽で良いが城の奥行き感が感じられない.

夜なのに下見とおぼしき人にすれ違う.明日のライバルimpactは結構多そうな予感.

帰ってくると20台ほど停められそうな駐車場の愛車の隣にこれ見よがしにCX-5が・・・なにもそんなに見せびらかさなくてもcoldsweats01このCX-5,近所のよふど温泉spaへ行っても後から入ってきていた.確実に明日のライバルだな.

寝床は道の駅但馬まほろばで就寝.明日の早朝に備えるっheart04

|

« 素晴らしい105mmレンズとの出会い | トップページ | 天空の城を見に行く旅 -2- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/47366598

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の城を見に行く旅 -1- :

« 素晴らしい105mmレンズとの出会い | トップページ | 天空の城を見に行く旅 -2- »