« ありそうで無かった良いモノ | トップページ | NEXvsNEX-その2- »

2013年1月21日

NEXvsNEX-その1-

別にペプシNEXの早飲み競争ではないcoldsweats01

20130121_3

1月の早咲チューリップを撮りに江の島のサムエルコッキング苑に行ってきた.

今回の機材はNEX.それだけなら普通なのだが一緒に撮りに行った人と契は

カメラをNEXで揃えてマウントアダプタで遊ぼうnote

私のオールドレンズは,Zuiko28mmF2,100mmF2.8,それにTマウントのKenko SOFT45mmF4.5を付け加えて行った.

対して相方は

Auto110の18mmF2.8,NFDの17mmF4,50mmF1.2,50mmF3.5Macro,100mmF2.8,Super-Takumer35mmF3.5,シネレンズ.TマウントのKenko 35mmmF4SOFT

自分の充分に変態と認識しているが,さらに上を行くド変態w
NEXはアダプタでなんでも行けるとはいえ幾らなんでも多すぎるsign03

せっかく借りたので感想を・・・たかだが10分そこら,しかも被写体がtulipチューリップだけ

20130121_4

18mmF2.8(Auto110)

20130121_5
かわいいレンズで周辺光量の低下があっていかにもトイレンズ的な写り方をする.ピントは合わせられるが絞りが無いのでいつも開放ってのが残念.

NFD17mmF4

20130121_6
完全に古い広角レンズ・・・広角系で味わい出すのって難しい.Auto110の18mm方が面白かった.

NFD50mmF1.2

20130121_7
真っ先にこれを使ったのだが難しいのなんのって.ストイックなレンズ.
開放ではどこにピントが合っているのか全く分からない,芯のあるほわんほわんの写り.ただトップライトの下でF1.2開放は明るすぎて使えなかったwobbly

NFD50mmF3.5Macro
20130121_8

至って普通に綺麗にシャープに写る.色のりも上々.シャープさはSEL35M35を超えてるかもしれない.
逆光耐性はちょっと怪しい!?

NFD100mmF2.8

20130121_9
NFDでもこのクラスのレンズの現代でも通ずる性能安定さは変わらず.Zuiko100mmよりヌケがいい.鏡筒が大きいから当然sign02

長くなりそうなのでこの後のレンズは次のエントリーで

|

« ありそうで無かった良いモノ | トップページ | NEXvsNEX-その2- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/48865747

この記事へのトラックバック一覧です: NEXvsNEX-その1-:

« ありそうで無かった良いモノ | トップページ | NEXvsNEX-その2- »