« レンズを現地調達して夏祭りへ | トップページ | 大三元の一角を持ってお城めぐり② »

2013年7月15日

大三元の一角を持ってお城めぐり①

3連休の真ん中に会社の人と一緒に郡上八幡へお出かけしてきた.

と書くつもりだったのだが,目覚ましの時間のセット間違えによる私の寝坊sleepyにより計画が台無しになってしまった.

計画は中止になったものの起きて慌てて飛び出したので愛車のCX-7は高速道路上.このまま引き返すのも惜しいので久々のCX-7のロングランdashを楽しむことにした.最近街乗りばっかしてたので高速での運転が楽しい.

新東名のハイアベレージ走行に乗る.素直なハンドリングに惚れ直した.バンク角がついているところでは進行方向と逆方向にステアリングを切らなければならないのが気になる.

どっか適当なところへ行こうと思っていたのだが運転しているのが楽しくて辿り着いたのはナビに設定していた目的地郡上八幡.

20130715_1

D700+AF-S24-70mmF2.8G

狭い一方通行路を上がって郡上八幡城へ.狭いと聞いていたがホントに狭い.運転が下手なので(´・ω・`)1度で曲がりきれず何回も切り返した.

今回の旅のお供はAF-S24-70mmF2.8G.買えるはずもなく借り物.私にとってはタムロンA007があるので不要.ま,どんなものか知りたかっただけなんだが.

郡上八幡城・・・日本最古の再建木造城.木造であるという点ではポイントが高いが再建なので中の造りは現代的で資料館になっている.

20130715_2

D700+AF-S24-70mmF2.8G

城の中は( ´_ゝ`)フーンで終わってしまった.大して興味ない人はGoogleストリートビューで内部が見られるのでそれで満足してしまってもOKcoldsweats01

20130715_3D700+AF-S24-70mmF2.8G

むしろ城下町の方が趣があって楽しかったりして.お約束の日本酒bottleも購入.

AF-S24-70mmF2.8Gの写りは上々.さすがは大三元と言われることはある.ズームレンズの割にクリアで抜けが良くシャープに写る.ただF2.8は明るいけどボケを生かそうと思うとやっぱり物足りないことがある.

AFは評判通り早いsign01がA007もそこそこ早いので結構拮抗している.停止時の品位はAF-S24-70mmF2.8Gの方がやや上かな?と,その程度の差だ.鏡胴は長いが細身なので意外にもホールディングは良好だった.
ただ手ぶれ補正でシャッター速度の稼げるA007の方が感度を上げなくて済むので暗所での良好な画質を得られる可能性が高い.借りた個体はズームリングの24-35mmレンジ辺りの感触がイマイチだったのだが個体差なのか仕様なのか不明.

20130715_4
D700+85mmF1.8G

早々に郡上八幡を後にして次の目的地に向かった.

|

« レンズを現地調達して夏祭りへ | トップページ | 大三元の一角を持ってお城めぐり② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/52449552

この記事へのトラックバック一覧です: 大三元の一角を持ってお城めぐり①:

« レンズを現地調達して夏祭りへ | トップページ | 大三元の一角を持ってお城めぐり② »