« レヴォーグが気になる | トップページ | 伝説のマクロを買う »

2014年1月26日

江ノ島チューリップ2014

今年は開花状況が良いらしくすっかり出遅れてしまった.

ホントは行くつもりがあまり無かったのだが暖かくなったのでついつい行きたくなってしまい来ちゃったhappy011月には似合わない春並みの暖かさの日になった今日.

チューリップは毎年変わり映えがしないが機材は毎年変わるw

20140126_1
Dfに単焦点をセットアップ.

一度来てみると分かるが江ノ島のチューリップは学校の花壇のような小さな集まりなので寄れないレンズでの撮影は余計なものが映り込みがちで辛い.レンズの個性を生かそうと色々と奮闘してみた.

AF-S85mmF1.8G.気に入っているレンズでかつ85mmにしては比較的寄れる方,だが寄り足りず中途半端な写真になることがしばしば.描写もシャープでボケも綺麗で申し分ない良いんだけどやっぱりチューリップという被写体には少し甘さが欲しい.

20140126_2

Df+AF-S85mmF1.8G

Carl Zeiss Jena PANCOLAR50/1.8(M42)は無限遠を捨てての設計想定範囲外での撮影だがこの甘さがちょうどいい.決して褒められる描写じゃないんだけどチューリップを写すときの私の好みはぴったりはまるのだ.

20140126_3
Df+PANCOLAR50/1.8

赤い花がしっくり来ない.ピクチャーコントロールで風景に設定していると飽和しているような写りになる.RAWで弄り直してみたが私の腕では見た目の印象にはならなかった.後ボケが張り付いたような赤でにトーンが無くなってしまう.

久しぶりに持ち出したSIGMA28mmF1.8II.

20140126_4
Df+SIGMA28mmF1.8II

過去のデジタル一眼では露出がドアンダーでむちゃくちゃで使いづらかった印象があったがDfとの組み合わせでは安定していた.この頃のシグマレンズは逆光にむちゃくちゃ弱くゴーストやフレアっぽさが出てしまう.わざと出して生かすことで楽しんだ.残念ながら今回は画角が広すぎて出番が少ない

20140126_5

Df+Micro60mmF2.8D

カリカリのマクロ.PANCOLAR50/1.8が酷かったときの押さえで持って行ったのだがPANCOLAR50/1.8が良い写りをしてくれたので出番は少なかった.ボケも綺麗なので本来だったらこれ1本で済ませても良いと思う.ただ正直もうちょっとワーキングディスタンスを稼げたらなぁ.

posted by (C)瑞古

|

« レヴォーグが気になる | トップページ | 伝説のマクロを買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/54756369

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ島チューリップ2014:

« レヴォーグが気になる | トップページ | 伝説のマクロを買う »