« あこがれのあのレンズを使って見た | トップページ | 激安レンズで桜とひなまつりを撮る »

2014年2月24日

河津桜を見に行く

もう毎年恒例になりつつある.

20140224_3_3

Df+AT-X107FISHEYE

今年もrvcar混雑を嫌って早朝からやってきた.

原木はほぼ満開cherryblossom

DfにAT-X107FISHEYEをつけてみた.APS-C用のレンズだが15mmまでズーミングすればなんとなく対角魚眼っぽくなる.楽しいのは撮ってる時で仕上がりはイマイチなんだけどsweat01

今回もテストレンズ
AF Zoom Nikkor ED 28-200mm F3.5-5.6G

20140224_1

10年くらい前の10倍ズームレンズ.ネット上の評判では隠れた名レンズと言われている.中古で多く出回っているのは一世代古いDタイプでGタイプは2年ほどで生産中止になったらしい.使ってみたいな…と思ったら会社の書庫にあったので借りてきた.実物を目にすると小さいっsign01手ぶれ補正もモータも内蔵されていないタイプ.ここまで小さくできるのかと感心してしまうほど.

28-200mm F3.5-5.6Gの写りはというと…

結構行ける.この手のレンズにありがちな眠さや色収差がほとんど見られない.高倍率ズームであることを考慮してのことだが時代の狭間に生まれた製品の為か数年でラインナップからは消えている.

ズームリングは回転方向がニコン純正と逆.タムロンのハイブリッドマウントみたいなプラとステンレスを融合した奇妙なマウントが付いている,AFはそれなりに遅く音にも品位がない.
最短撮影距離は0.44mとそこそこ寄れる.フォーカス切り替えスイッチがあり無限遠~0.6mと0.6m~0.44mに切り分けられるどう考えても無意味なスイッチがある.外観の質感はそれなりだが写りの質は上々.happy01欲しくなりそうな1本.

20140224_2

川沿いは,満開の一歩手前.来週でも十分間に合うと思う.

20140224_4

今までしっくりこなかった172Eも桜の木の下では本領を発揮sign01柔らかい描写が良くマッチしている.

お昼は下田にある万宝

20140224_5

本業は干物屋らしいのだが,ご飯を持ち込めばその場で焼いて食べさせてくれるという変てこなお店.

20140224_6_2

結構いいお値段するのだが炭火でじっくり焼く干物は美味.味付けもオリジナルらしく干物にありがちなしょっぱすぎってことがなく好感触だった.

稲取の吊るし雛.もう,去年と同じコース…

20140224_7

魚眼で遊んだり,50mmF1.4EX DGでボケを楽しんだり.

20140224_8

帰りに曽我で梅のライトアップを楽しんできた.まだ咲きそろっていなかったので微妙かな….

20140224_9

全般的に見頃はあと1週間後でもいいと思った(*^-^)

posted by (C)瑞古

|

« あこがれのあのレンズを使って見た | トップページ | 激安レンズで桜とひなまつりを撮る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/55102907

この記事へのトラックバック一覧です: 河津桜を見に行く:

« あこがれのあのレンズを使って見た | トップページ | 激安レンズで桜とひなまつりを撮る »