« Zeiss T*レンズの魅力とは | トップページ | 雪で孤立していた集落に行く① »

2014年4月20日

トキナーの超広角ズームレンズを試写してみた

AT-X16-28 F2.8

外観写真を撮り忘れsweat01

20140420_1

トキナーの品番はかつてAT-X270PRO,AT-X165PROみたいな型番が付いていたが,いつの間にか普通に焦点距離域を品番にするようになった.

問題多き?このレンズはキャップの変更と一部ロットで強度不足の不具合が報告されているが借用したレン ズはいずれも該当せず問題はなかった.

20140420_2_2

手にしてみると造りがしっかりしていて好感.同時に使っていたCarlZeissのレンズよりも良いと感じたくら いだ.フォーカスリングは引くとMFに切り替わるタイプ.どこでも入るしトルク感も結構あって気持ちいい. AFも静かで停止直前のハンチングもなく良くできている. 最短撮影距離は28cmと少し寄り足りないイメージがあるが鏡筒が長いため実際はレンズ直前に被写体が来る. これ以上短くするのは物理的に無理がある.写りは上々happy01ほとんどがF8近辺まで絞っての撮影だったので気になることはなし.広角レンズにありがちな周辺の流れがほとんど出ないことに感心.

欠点と言えば固定式フードのためフィルターが使えないことと,1枚だけ嫌なゴーストが出現したこと.(下の画像の左下)

20140420_3

基本 的には逆光には強そうなのだがこのベタッと色付くゴーストは気になった.大きさはスペックを考えれば致し方がないところだけどやはり鞄の中の多数の体積を占め使用頻度の割に邪魔な存在になる.こうなるとコンパクトでフィルターの使えるAT-X17-35 F4が気になってくる.

次は,AT-X17-35 F4を使ってみようと思う

|

« Zeiss T*レンズの魅力とは | トップページ | 雪で孤立していた集落に行く① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/55808019

この記事へのトラックバック一覧です: トキナーの超広角ズームレンズを試写してみた:

« Zeiss T*レンズの魅力とは | トップページ | 雪で孤立していた集落に行く① »