« 吉田龍勢祭りの動画をUp | トップページ | 第18回カフェカブ »

2014年10月28日

新型レンズを借りて流鏑馬・砲術を撮る

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIを借りて町田時代祭りに行ってきた.

20141028_1

祭りは5回目を数えて年々人が増えて写真は撮りづらくなってきている.持って行くレンズは大体分かってきて極端な望遠は不要で70-200mmF2.8が1本あれば十分.

20141028_3
ということでAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIを借りてきた.旧型であるAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRは今でも所有している.良いレンズだとは思うが設計の古さもあり開放付近は周辺光量が落ちるし逆光にはかなり弱い.

20141028_4
旧型を持っている自分としては是非とも欲しい.旧型のウィークポイントは逆光の弱さ.全体がフレアっぽく写ることと,開放付近は周辺光量の低下も多いこと.新型はナノクリでフレアを抑えていた.周辺光量はヴィネットコントロールというカメラ側の機能のお蔭で気にしなくて良くなった.

20141028_2
AFが相変わらず爆速でピュンピュン動く.普段動きものを撮らない私でもAF-Cに入れておけばAFはちゃんと追従してくれる.重量は軽くなったのかな?と思いきやむしろ重くなっていてこれはレンズ全長が短くなって重量感が変わったことによる差のようだ.

20141028_5
確かに良くなっているのは分かったが値段が20万円オーバーだけにすぐには買えないし,今の使用頻度なら旧型を我慢して使うしかなさそうだ.

|

« 吉田龍勢祭りの動画をUp | トップページ | 第18回カフェカブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/57779653

この記事へのトラックバック一覧です: 新型レンズを借りて流鏑馬・砲術を撮る:

« 吉田龍勢祭りの動画をUp | トップページ | 第18回カフェカブ »