« カブ110タイヤ慣らしツーリング | トップページ | 碓氷峠鉄道文化むらでテスト撮影 - HELIOS編 - »

2015年6月 5日

ぐるぐるボケレンズを買いました

ロシアンレンズで長い間気になっていたレンズをGETsign01

HELIOS44-2

20150605_4
ツアイスのBiotarと言えば背景ボケがグルグル回っている様に見える特徴的なレンズ。Biotarは高いがそのコピーであるHeliosなら安価に手に入る。と言うことでオークションで狙いを定めて入手した。

買ったのはHelios44-2。Helios44と言うレンズは、相当数のバリエーションがあるようでその中でHelios44-2はプリセット絞りのシンプルな構造となる。マウント部がくびれた変なデザイン。1980年製でコートはレンズの色を見る限りモノコートのようだ。

絞りはプリセット式で絞り値は不当ピッチに刻まれているのはいいとして絞りリングが固くて回しにくい。本来の使い方ではないが絞りリングは最小絞りに設定してしまい、プリセットリングを回してしまうのがやりやすい。

ぐるぐるボケの原因は非点収差。原理上周辺のみに発生しする。このレンズのぐるぐるボケだがそんなに簡単にはでない。

20150606_1

中心は結構シャープだが周辺になるとあれ?と思うくらい崩れる。 日の丸構図の方がしっくりくる。

20160606_2

ぐるぐるボケよりも周辺以外の描写をどう生かすかの方が難しいかもしれない。

|

« カブ110タイヤ慣らしツーリング | トップページ | 碓氷峠鉄道文化むらでテスト撮影 - HELIOS編 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/60273675

この記事へのトラックバック一覧です: ぐるぐるボケレンズを買いました:

« カブ110タイヤ慣らしツーリング | トップページ | 碓氷峠鉄道文化むらでテスト撮影 - HELIOS編 - »