« 突発京都-平等院編- | トップページ | リヤバンパーステップガード装着 »

2016年5月25日

突発京都-四日市編-

京都なのに四日市編。

帰りに立ち寄りたいという希望を叶えるのに東名阪を降りた。 向かったのはクルマから行けてロケーションが良い霞ヶ浦緑地公園。 夕暮れを待つ。

20160525_1

α7+Batis1.8/85

工業地帯は海を挟んで対岸とそこそこ距離があるが 望遠レンズはBatis1.8/85のみ。Ai135mmF2.8を持って行くかどうか悩んだが、そんな望遠使わないだろう、とソフトレンズを選択したのが間違いだった つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

Batisで頑張って撮影を始める。 月齢14の月を添えての工場夜景。

20160525_2
α7+Batis1.8/85

Batisは手振れ補正機能がついているがレンズ筐体に手振れ補正をON/OFFするスイッチはないし、レンズ名にも手振れ補正があることを示す表記が何もないので三脚使用時にOFFにするのを忘れてしまいそうだった。 それにしてもシャープなレンズ。レンズ構成はゾナータイプになっていて一眼レフ用のレンズでは設計不可能な構成になっている。

20160525_3
α7+Loxia2/35

Loxia2/35でも撮ってみる。本当は50mm位の単焦点でも撮りたかったが持っていないものはしょうがない。Loxia2/35はあれこれ叩かれているレンズだが、そこは単焦点なので遠景のシャープさはズームより明らかに勝っている印象。 ただ引きも押しもできない今回の条件では微妙な画角調整ができるズームレンズも欲しかった。

20160525_4

α7+Batis1.8/85

実は、工場夜景は初めての挑戦。霞ヶ浦緑地公園は無料の駐車場があるロケーションの良さからか夜になるとかなりの数の三脚が立ち並んでいたのが印象的だった。

夕飯に四日市名物とんてきを食べて帰宅。
B級グルメ的なものを想像していたのだが普通の食べ物だった。

20160525_5
α7+Loxia2/35

|

« 突発京都-平等院編- | トップページ | リヤバンパーステップガード装着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/65629272

この記事へのトラックバック一覧です: 突発京都-四日市編-:

« 突発京都-平等院編- | トップページ | リヤバンパーステップガード装着 »