« 座間ひまわり祭り | トップページ | D3400でニコンマウントが変わった? »

2016年8月16日

大平宿に行ってきました。

1年ぶり4回目の大平宿に宿泊。

20160816_1_2
Df+タムロンA010

早めに着いたので元善光寺で安全祈願。

大平宿について少し説明。

20160816_2

dp2Q(2015年撮影)

昭和45年に集団離村してから廃村になっている集落だが、電気・水道が使用できる宿泊できる江戸時代の建物群として一般に開放されている。(大平宿をのこす会HPより)

外観を見れば、名前も見た目も似ている大内宿と似ている気がするが、こちらは廃村。実際に来てみると写真以上に汚くて臭い。

201608016_3

Df+タムロンA007(2015年撮影のおおくら屋)

それでも魅了されてしまうのは、日本の昔の生活をありのままに体験できるんじゃないかという期待感。もちろん、すべてではないとは思うが限りなく近いんじゃないかと思う。

前置きが長くなったが今回宿泊したのは『深見荘』。この建物の内部は大平建築塾のHPに見取り図がある。2002年の火災で焼失し、2003年に再建された。大平宿の中にある建物の中では小さい方の建物で特に外観を見ると綺麗なのはともかく、見た目の迫力に欠ける。

20160816_4
Df+タムロンA010

20160816_5

Df+AF-S50mmF1.4G

20160816_11
Df+AF-S20mmF1.8G

さすがは再建物。戸障子も窓も開く。他の建物は歪んでるからホントに開かないんだ。

20160816_6
ここのハイライトはトイレが水洗であること。しかも無駄に広いsign01だから人気あるんだって。

という割には今回の宿泊者がいたのはからまつ屋や水道屋、藤屋、八丁屋といったちょっと古めの建物がほとんど。初心者はともかく大平宿を知る人には雰囲気が足りないのかもしれない。

20160816_7_2
Df+AF-S50mmF1.4G

囲炉裏で食べる飯は旨い。ついつい酒も肴も進んでしまう。

材料は飯田IC近くのJA経営のりんごの里で調達がお勧め。新鮮でおいしくて安い。品ぞろえは旬なものしか仕入れないため偏りがあるのでなかった食材だけ裏手にある西友で買えばよい。これでほとんどのものが準備できるし、効率が良い。

20160816_8
Df+Micro55mmF3.5

生トウモロコシ。存在は知っていたが新鮮でないと食べられないとのことで、食べる機会がなかった。茹でたのと比べて少し食べづらいがすごく甘い。いや、こんなに旨いのかと感動したsign01

20160816_9

Df+AF-S50mmF1.4G

黒スイカ。買った時から大きさの割に随分重いと思っていたが、皮の非常に薄いことsign01今が旬らしく500円位~3,000円オーバーの巨大サイズまで店頭にゴロゴロしていた。

20160816_10Df+AF-S20mmF1.8G

残念ながら天気には恵まれず、星空は全く拝めず。夜中は何度か降る土砂降りの雨音に目が覚めた。

|

« 座間ひまわり祭り | トップページ | D3400でニコンマウントが変わった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/67029564

この記事へのトラックバック一覧です: 大平宿に行ってきました。:

« 座間ひまわり祭り | トップページ | D3400でニコンマウントが変わった? »