« 富士ドライブ | トップページ | Wave125iの2017年モデル? »

2016年12月18日

T廃村ツーリング

日曜日は朝から廃村までツーリング

20161218_1
Df+AF-S VR24-85mmF3.5-4.5G

家から約1時間の距離だが未開の地なのでWave125iにナビをセットして走り出す。向かったのは神奈川県Y市某所。住宅街の二輪と軽車両のみが通行できる狭い道路を行く。Nuvi250plusはこんな辺鄙なところもちゃんと案内してくれた。

この廃集落ができた理由は他の廃集落とは違う。集落は電車の踏切を渡ったところにあるが、踏切の手前は普通の住宅街。ではなぜ廃集落になってしまうのかはこの看板が物語っている。

20161218_2

Df+AF-S VR24-85mmF3.5-4.5G

開発のために立ち退きを余儀なくされ立ち退いたもののその後開発は頓挫して建物だけが残ってしまったらしい。

20161218_3
戸数は数えた感じ二十数戸ある。ほとんどが昭和の中盤に作られたと思われる平屋だが、一部二階建ての建物もある。繰り返しになってしまうが道路はあるが道幅がかなり狭くクルマは入れない。防災の観点からも住むのに適しているとは言えない。

20161218_4

Df+AF-S VR24-85mmF3.5-4.5G

20161218_5
Df+AF-S VR24-85mmF3.5-4.5G

1996年7月のカレンダーが家の中にあった。とすると廃墟年数は約20年。住宅街の中とはいえ線路で分断された山の中にあるため湿気が多く朽ちて床が抜けてしまっている家が多い。

20161218_6

Df+AF-S VR24-85mmF3.5-4.5G

「こんちは」って言ったら誰か出てきそうな。そんな雰囲気だがここには生活の音が全くない。時折通る電車の音だけが聞こえてくる。

20161218_9

Df+AF-S35mmF1.8G

20161218_7

Df+AF-S VR24-85mmF3.5-4.5G

これだけの立地にありながらあまり荒らされていないというも不思議。

20161218_8
Df+AF-S VR24-85mmF3.5-4.5G

実はこの地域、ホタルの里として地域で保全をしているようで古びた看板が立っている。今でもいるのかはわからないが『ホタルの里』の道のりを示す看板が皮肉にもこの廃集落の場所を示してしまっているのだ。

|

« 富士ドライブ | トップページ | Wave125iの2017年モデル? »

コメント

廃墟には興味ありますが
神奈川にも
見事な廃墟があるんですね~(゜o゜)

投稿: ガンビー | 2017年1月13日 16時33分

私もここまで保存状態のいい廃墟が郊外都市にまだあるとは意外でした。あっても大概荒らされているんですよね。
この廃墟はバイクでしか行くことが難しいと思うのでツーリングスポットとしては最適!?です。

投稿: 瑞古 | 2017年1月14日 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/68892188

この記事へのトラックバック一覧です: T廃村ツーリング:

« 富士ドライブ | トップページ | Wave125iの2017年モデル? »