« 江ノ島チューリップ | トップページ | 二足早く春を感じに行くツーリング »

2017年1月17日

3年ぶりに猿島

3年ほど前にオールドレンズと一緒に行った猿島
やり残したことがあるのでリベンジするよ。

20170117_1

sd QuattroH+24-105mmF4DG Art

過去ログを見るとちょうど3年前に行っていた。この時は船に乗客がほとんどいなかったが今回はそこそこいた。何かの番組の影響か、少し人気が出てきたのかな?

20170117_2

sd QuattroH+24-105mmF4DG Art

今回もお供はsd QuattroH。人がいないところを見計らって写真撮影。天空の城ラピュタに例えられるこの風景。ラピュタっぽさを出すには緑が元気な春から夏くらいがいいかもしれない。

20170117_3

sd QuattroH+24-105mmF4DG Art
来訪者を不思議な世界へいざなう戦争時代の遺構(隧道)。

20170117_4

sd QuattroH+24-105mmF4DG Art
雰囲気は大久野島に似たところがあるがその規模ははるかに小さい。こんな小さな島だが弥生時代から人が住んでいた痕跡があるというから不思議だ。
猿は1匹もいないのに猿島、ウサギがいっぱいいるのに大久野島。

20170117_5

sd QuattroH+24-105mmF4DG Art
毒ガス等、黒歴史の多い大久野島と対して猿島は実戦に使われることはなかったという。
もし、本土決戦が行われていたら猿島は大量の血が流れることになっただろう。

20170117_6

sd QuattroH+24-105mmF4DG Art
気づいているかもしれないが隧道以外にあまり写真映えのするところがない。
実は日蓮洞窟もショッカー基地で有名になった展望台も今は立ち入り禁止。見どころがどんどん減っているのである。

20170117_7

sd QuattroH+24-105mmF4DG Art
猿島を往復する船は1時間に1本。1時間で島を1周するとなるとちょっと忙しく回ることになるが2時間だと時間を持て余す感じだ。
本土に戻ってからは三笠公園近くの「岩松」で天丼。カウンターのみの地元らしさの出たいいお店。

20170117_8

岩松丼(800円)
このボリュームでこの価格。
甘めのたれがサクッと上がった天ぷらに良く染み込んでいて旨い。コストパフォーマンス高いsign01小食の人は天丼(550円)、大食感なら穴子が2匹のった穴子丼(1,000円)がある。
食後は記念艦三笠を内覧。三笠公園には何度も来ているが、中を見るのは初めて。思ったより展示が充実していた。
20170117_9
20170117_8_3
sd QuattroH+24-105mmF4DG Art

実は艦内で自衛官募集の人に声を掛けられた。結果は年齢制限でNGだったsweat01
こういうものが好きそうな人に声を掛けているとか、公務員なのに大変だな。

|

« 江ノ島チューリップ | トップページ | 二足早く春を感じに行くツーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/69269627

この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりに猿島:

« 江ノ島チューリップ | トップページ | 二足早く春を感じに行くツーリング »