« 秩父天然氷のかき氷と珍達そば | トップページ | 雪の箱根に行く »

2017年3月28日

Wave125iの年式ごとの違い

Wave125i(AFS125)の年式ごとの違いをまとめてみた
というか自分が知りたかっただけhappy01

一応お断り

公式サイトやネットの情報を集めた結果なので必ずしも正しいとは限らないので
この情報を参考にして損害を被ったとしても当サイトは一切責任は取れません。

今回調べたのは日本では通称Wave125iHelmet-inと呼ばれる2013年以降のモデルである。

●2013年式

Wave125i_2013
・クラブバーがボディ同色
・フロントカバーのステッカーが I I 型配置

●2014年式

Wave125i_2014
・ハンドルカバーとアッパーボディがグレー
・クラブバーがシルバー

●2015年式

Wave125i_2015
・フロントカバーのステッカーが逆三角形
・キャストホイールモデルが登場(スポークホイールモデルも併売)

●2016年式

Wave125i_20162
・フロントカバーのステッカーがV型配置
・メータカバーにHONDAロゴが廃止
・クラブバーがブラック

●2017年式

Wave125i_2017_4
・レッドダイヤモンドメータ
・フロントカバーのステッカーが逆三角形でHONDAロゴ入り

表にまとめるとこんな感じ

Wave125imodels
ほとんどのモデルでフロントカバーのステッカーで判断できることがわかった。見分けがつけにくいのは2013年と2014年か。

調べると意外と単純であった。

|

« 秩父天然氷のかき氷と珍達そば | トップページ | 雪の箱根に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/69586997

この記事へのトラックバック一覧です: Wave125iの年式ごとの違い:

« 秩父天然氷のかき氷と珍達そば | トップページ | 雪の箱根に行く »