« D850を使ってみました | トップページ | 奥飛騨ドライブ-その2- »

2017年10月 9日

奥飛騨ドライブ-その1-

奥飛騨までドライブ。

20171009_1
D750+AF-S VR70-200mmF2.8G

その前に茅野の御射鹿池に立ち寄り。 吉永小百合がやっているシャープのCMで有名になった人工池だ。

20171009_2
D750+タムロンA007

紅葉にはまだちょっと早いけど木々は少し色づいてきていてそのコントラストが綺麗だった。

20171009_3

D750+AF-S VR70-200mmF2.8G

直前まで雨が降っていたこともあり霧が時々発生して状況が刻一刻と変わる。

20171009_4
D750+AF-S VR70-200mmF2.8G

今回のお供カメラはD750。前回D850を借りたときに借りたいと言っていたことを有言実行。モノコックボディのお陰で小さく軽くて握りやすい。

20171009_5
D750+AF-S VR70-200mmF2.8G

でも結論から言うと個人的には期待はずれでDfをメインに時々望遠レンズや連写が欲しいときに使うカメラとしては役不足。AFエリアが狭くてせっかくの多点AFも選択が煩わしいだけ。 D700の後継としてみてもガッシリ感のある筐体やアイピースシャッターがないため一つ下の格のカメラに思えてくる。あくまでD610の上級版というイメージだ。何より困ったのがアイピースカップがかなり緩くて取れてしまうことでカバンの中で何度も取れていて紛失するのは時間の問題と感じた。

今回レンズは大口径標準ズームと望遠ズームを持って行ったが実際にはボディが軽いのでレンズも小型軽量の標準ズームレンズが良く似合う。

ちなみに機種の格差を不等号で示すと

D610<D750<<<D850

このくらい差がある。

20171009_6
D750+COSINA AF19-
35mmF3.5-4.5

諏訪市街で諏訪大社参り。コシナ19-35mmF3.5-4.5はそこそこ良く写る広角レンズ。今回に限っては逆光で困ることもなかった。ただLightroom上では20-36mmF3.5-4.5と表示されるなど謎なところもチラホラ。コシナがB級だった時代のレンズなので仕方がないのかも。

20171009_7
D750+タムロンA007

20171009_8

D750+タムロンA007

諏訪大社でのお参りの仕方が悪かったのかこの日の計画はフラれまくり。

飛騨神岡の宿なんて当日で大丈夫だろうとタカをくくっていたのが裏目に出てどこも満室。松本へ向かい山賊焼を食そうとするも目当ての店は売り切れで食べられず。

これは松本城下の料理屋「しづか」でありつくことができた。

20171009_9
D750+タムロンA007

旅は計画的にsign01この後どうするsign02

|

« D850を使ってみました | トップページ | 奥飛騨ドライブ-その2- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/71910047

この記事へのトラックバック一覧です: 奥飛騨ドライブ-その1-:

« D850を使ってみました | トップページ | 奥飛騨ドライブ-その2- »