« KCCの芋掘り大会と暁ふ頭の鍋会 | トップページ | 西沢渓谷へ行ってきました »

2018年10月27日

CX-8がマイナーチェンジしました

CX-8がマイナーチェンジした。

20181027_2

マツダでは商品改良と呼ぶが、最近のマツダの例に漏れず発売から1年足らずでもかなり大幅な改善を行ってきた。オーナーとしては気になるところだ。

20181027_3
グレード問わず全体的な改良は以下の通り

  • エンジンにSKYACTIV-G 2.5T、SKYACTIV-G 2.5を新たに設定
  • G-ベクタリング コントロール プラスを設定
  • アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行検知機能を追加
  • マツダ コネクトがApple CarPlayとAndroid Autoに対応
  • エアコンパネルデザインと各種スイッチ・ダイアルのデザインを一新
  • アルミホイールの塗装を新色に変更
  • 前席センターコンソールのアームレスト高を約15㎜低下
  • 3列目周辺(後方リフトゲート、および荷室フロア周り)の遮音性能を強化
  • フロントスタビライザーはブッシュ硬度を低減させつつ径をφ22.2mmからφ23.0mmに拡大。リアスタビライザーはφ19.0mmからφ18.0mmに小径化。
  • リアダンパーのトップマウントに使用する素材をウレタンに変え、前後ダンパー内にあるバルブ構造を変更
  • LEDライセンスランプ
  • シートベルトウォーニング機能にセカンドシートとサードシートが追加(25Sを除く)
  • ヒーテッドドアミラー(25Sを除く)

アテンザ、CX-5のマイナーチェンジで行ってきた内容とほとんど変わらないが、その中でも注目は足回りの変更を行ってきたところ。発売当初から結構好評そうにだったのであえて弄る必要はないのではと思うのだが、ここの評価がどうなるのか気になるところだ。

外観ではホイールカラーが変わっている程度でぱっと見でMC前後を見分けることは難しそうだ。

グレードごとの装備については底上げが行われていてざっくりまとめると

L Package

  • 360°ビュー・モニターがオプションから標準装備
  • CD/DVDプレーヤー+地上デジタルチューナーがオプションから標準装備(XD L Packageのみ)
  • BOSEサウンドシステムがオプションから標準装備(XD L Packageのみ)
  • LED間接照明(足元)がオプションから標準装備
  • シートベンチレーション機能
  • 7インチマルチスピードメーター
  • フレームレスインナーミラー
  • IRカットガラス
  • バニティミラー照明LED化
  • ラゲッジルームランプLED化
  • グローブボックス内LEDイルミネーション

PROACTIVE

  • 360°ビュー・モニターがオプションから標準装備(XD PROACTIVEのみ)
  • CD/DVDプレーヤー+地上デジタルチューナーがオプションから標準装備(XD PROACTIVEのみ)
  • リアウィンドーサンシェードがオプションから標準装備
  • IRカットガラス

ベースグレード

  • セーフティクルーズ・パッケージがオプションから標準装備へ(XDのみ)
  • パワーウインドー自動反転機構およびワンタッチ&タイマー付きが運転席のみから全席へ
  • セーフティクルーズ・パッケージにセカンドシート/サードシートのシートベルトウォーニング機能とヒーテッドドアミラーが追加

諸元表を見比べてリストアップしてみた。疲れた…。
諸元表を見る限りこっそり装備を減らしているってことはなさそうだ。

こうしてみるとL Packageの装備がかなり充実している。LED化が中途半端だった室内灯も全てLED化されて間接照明やグローブボックスまで照明がつくようになった。

調べて気付いたのが同じグレード名でも搭載エンジンによって装備が異なること。どのグレードもディーゼルエンジンのXD系の装備が充実している。

本体価格をL Packageで比較すると

XD L Package(4WD)  ¥4,460,400
25T L Package(4WD) ¥4,244,400
 

価格差は、¥216,000だが、装備差を埋めていくとCD/DVDプレーヤー+地上デジタルチューナーが¥32,400、BOSEサウンドシステムが¥81,000で差し引き¥102,600。

更にディーゼルは購入時に取得税と重量税が免税で合計¥141,500、自動車税が75%減税で¥33,750、ディーゼル補助金が¥42,000貰えるとすると購入時点で¥114,650ディーゼルの方が安いという逆転現象が起きる。

安いからという理由で2.5Lガソリンターボを選ぶのは賢いとは言えなさそうだね。

20181027_1
売れ筋はきっと25S PROACTIVEでしょう。¥3,256,200で装備は充実、メーカーオプションを全部乗せしても¥3,520,800なのでかなりお買い得感があるのだ。

|

« KCCの芋掘り大会と暁ふ頭の鍋会 | トップページ | 西沢渓谷へ行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25842/74474255

この記事へのトラックバック一覧です: CX-8がマイナーチェンジしました:

« KCCの芋掘り大会と暁ふ頭の鍋会 | トップページ | 西沢渓谷へ行ってきました »