« MIRAIという将来性のないカメラについて② | トップページ | カブがウチにやってきた② »

2008年1月13日 (日)

カブがウチにやってきた①

来ちゃいました.サーセン.買っちゃったんですよ(;・∀・)
しかもジョルカブ!
カブじゃねーよ!って突っ込みは無しね.

スクーター乗りからはスクーターじゃねぇと言われ,カブ乗りからはカブじゃねぇと言われそうな鬼畜な乗り物.見た目はスクーターだし走り出せばその姿は全く以てカブそのもの.
生まれて初めての遠心クラッチの乗り物.クラッチ切らずにギヤ入れてもエンストしないのが不思議だなぁ.バイク屋から出ての出だしはそこそこスムース.ギヤ車に慣れているだけからそこら辺は楽勝だけど,左手はクラッチじゃないんだよな.意識しないと間違えそうだ.止まっている状態で1速に入れると「ガコン」と1速に入る.シフトペダルを踏み込んだ瞬間と戻した瞬間に2回「ガコン」となるのがちょっと気になる.普通のカブもそうなのかな?速度とギヤが上がれば上がるほどクラッチの繋がりはマイルドになる.

遅い遅いと聞いていたけど,確かに1速は遅い!でもそんなのCB125Tも一緒.そっから先はテンポ良く変速していくと4速へ入れ終わることには50km/hに到達していて,おまわりさんがちょっと怖い速度.ちなみにそっから引っ張っても全く加速しない.ここら辺が50ccの限界なのかもしれない.坂道もしっかり減速するw

燃料計も付いてて嬉しい.でもその代わりトリップメーターは無くなった.燃費は計算しにくいね.燃料計の針も正確じゃない.Eの位置で給油したら2.7Lしか入らなかった.残り1.5L残っている計算だ.4.2Lタンクだからせめてあと0.5Lは使ってから給油したいところ.慣れればもうちょっと引っ張れそうだけど,しょっちゅうEを指していたのでは精神衛生上よろしくない.

セルモーターも付いているけど,楽しいのでキックを多用.セルでもいとも簡単にかかり,チョークの引き量を具合を見ながら調節したりする必要もないし押しがけも不要だ.つーかこのマシン,軽い!押しがけも楽勝だろう.スクーターで押しがけってもおかしな話だけど.

帰宅後,早速箱を付けてやろうとリヤキャリアを取り付け.実はジョルカブ用ではなくてAF18Dio用.ネットでの情報収集の成果の・・・ハズだったが,これが難航.手曲げて付くってネットの垂れ込みだったけど,ママチャリ風のキャリアとて結構頑丈な代物.ガキの頃良くママチャリに2ケツしてもキャリアまったく歪まなかったでしょ?あれを思い通りに曲げるっていう話だから大変(´Д`) しかも中国製で穴位置ずれてるし・・・.結局削って長穴にしてしまった.
叩いたり,引っ張ったりいろいろして,なんとか付くようになった頃には日が暮れてしまった.結構塗装も剥げてしまった.GIVI箱ベース付けちゃうからあんま関係ないけどね.明日はいよいよ箱取り付け.付けたら天気イイしどっか行こうかな.

| |

« MIRAIという将来性のないカメラについて② | トップページ | カブがウチにやってきた② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カブがウチにやってきた①:

« MIRAIという将来性のないカメラについて② | トップページ | カブがウチにやってきた② »