« 座間のひまわり | トップページ | 月を撮ってみた »

2012年8月19日 (日)

TX5のリコール修理

お盆の旅行中サブカメラのDSC-TX5にトラブルが・・・

べロ~ン

20120819_1

レンズバリアの塗装剥げ無償修理に関する情報が出ているので見れば今更驚くことでもない.やや前兆はあったものの雨のトレッキングの湿気で一気に逝った.
フリーダイヤルして引き取りに来てくれることになった.

身代わりにこんなのが来た
ほらバッテリーが一緒だし,SDカードだって余っちゃうでしょう.発売時期も変わらないし.

20120819_2

DSC-WX5

あろうことか直販限定のデザイン刻印モデル.初めて見た.

機種名は一文字違いだが2010年8月発売と2010年2月発売のTX5より1世代新しいモデルということになる.機能性能はほとんど変わらないが屈曲光学系でないだけレンズ性能には期待ができる.

そんなレンズも

TX5:CarlZeiss Vario-Tessar
WX5:SONY Gレンズ

ブランドを前面に押し出しているが,コンデジになってしまうとその違いは目くそ鼻くそ.Gレンズといっても一眼レフのGレンズレンズと同じ品質とは到底思えない.
問題はソニーの中での線引きがよく分からないことで,コンデジに限ったことではないがこういう曖昧さがマーケティングの失敗につながると思うんだけど.

前面はアルミ製だが,後面は光沢塗装されたプラスチックでそのギャップの差が大きい.ちょっと厚みがあるのだが小さいので持つと意外と窮屈なのが気になる.電源ボタンは小さくて奥まってて押しづらい.

実際触ってみるとほとんどユーザーが手出しできないことにびっくりする.マクロの切り替えすらないTX5と同じくカメラ任せで撮るのが基本スタイル.
オート機能は非常に優秀でおまかせオートでほとんどの事は足りる.嬉しいのが内蔵フラッシュの設定や露出補正がオートでもちゃんとできること.ラーメンに薬味を足すような最後の味付けはユーザーで決められる.

撮ってみた.

20120819_4
これぞGレンズという他のコンデジと比べて格段の違いは感じられない.あと思った以上に被写体に寄れないのも気になった.最短は5cmだがちょっとズームすると10cmくらい離れないとピントが合わないのだ.

20120819_3_2

ソニーのexmorRは高感度の画質の良さがウリ.その代わり低感度でも若干ノイジーだがコンデジなのであきらめがつく.解像感を含めた画質全体はコンデジの中では上位にいると言える.
背景ぼかし機能は面白い.ブログの写真程度だったらこの機能でもごまかしが効くんじゃないか?

20120819_5
TX5と機能が被るところが多いのでどちらがいいのか微妙だが,どちらか選べと言われれば水に強く寄れるTX5の方を残すと思う.

このカメラは中古6,980円で買ったもの.
決してSONYは修理の代替品でカメラを置いて行ったりはしないので勘違いされないように

| |

« 座間のひまわり | トップページ | 月を撮ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TX5のリコール修理:

« 座間のひまわり | トップページ | 月を撮ってみた »