« 天空の城を見に行く旅 -1- | トップページ | 天空の城を見に行く旅 -3- »

2012年10月10日 (水)

天空の城を見に行く旅 -2-

夜中は雨音で目が覚めた

さすがに雨は勘弁だよ~

起きる予定の4時頃には雨も止み東の空には明けの明星がこれなら期待できる.

道の駅但馬のまほろばはPA併設の道の駅.国道からのアクセスは悪いが施設は意外と充実してそうだ.ここもP泊する人が多い.

4時半すぎには立雲峡に着.駐車場はすでにかなりのクルマが・・・

ここで車中泊していた人も結構いるみたい.立雲峡駐車場はトイレが仮設で水が飲めないので歯磨きができないという理由で道の駅を選んだ.クルマの出入りが多くて寝ていられないでのはないだろうか.

雲海と竹田城を撮るにはとにかくポジションが大事!!しかし日頃の運動不足が祟り中腹ですでに脚が上がらない今回は機材も珍しく本気モード.D700にVR70-200mmF2.8Gに三脚はハスキー3段.押さえで持ってきた標準ズーム(A007)も1kg弱だからとにかく重い

撮影場所にたどり着いたが忘れ物をして一端下山した私は4番手.同行した会社の同僚は2番乗りだったらしい.辺りはまだ真っ暗で日の出まで時間がある.

しかーしさっきまで見えていたはずの竹田城が全く見えない.それどころかふもとの街の明かりも見えない.

これは

とほどなく雨さっきまで晴れていたので雨具なんて持ってきていない.私が頂上に雨を呼んできてしまったようだ.雨男ここにアリって東京からわざわざ出向いてきて雨で終了ってのもいただけない.

頼む晴れてくれ

天気予報は晴れマーク,所により弱いにわか雨との情報.きっと晴れてくれるよ,きっと・・・.

20121010_1

D700+VR70-200mmF2.8G

薄明が始まり竹田城の姿が見えてきた.雨も止んでくれた.あとは雲海が出るのを待つだけ.雨が降る前にあった下界の僅かな雲は雨によって流されたかのようになくなってしまっているではないかトホホ.(ノд・。)

諦めるか,残留するか

薄明とともに第1展望台にも続々と人が集まり始めて気付けば背後に多数の人がいる.雨による足元の悪化で斜面で見ている人の中には撮影に夢中になるあまり滑っている人もいた.しかしよくもこんな不案内な場所に人が集まるもんだ.

日の出と共に珍しいお客さんが

と誰かが言うと天頂から竹田城バックの山の稜線に虹が降臨している.これはシャッターチャンス

20121010_2
D700+VR70-200mmF2.8G

雲海はさみしいがこれでも十分来た価値はあるぜ.

雨があったせいか日が昇っても気温は下がり気味で薄手のウィンドブレーカーで来たが肌寒い.

もしかして・・・

そう,気温が下がれば雲海は出る

キタ,キタ

20121010_3_3

キタ

20121010_4

20121010_5_2
D700+VR70-200mmF2.8G(上全て)

素晴らしい美しい.

竹田城を囲うように雲が出てきた.これは誰がなんと言おうとも天空の城.東京タワーほどの高さしかない山の頂がポツンと残っている.自然の織り成す芸術

機材トラブルでレリーズが壊れた他は満足いく結果.視界が良くないのでAFの信頼性はかなり低いからその点をよく注意したい.

20121010_6
D700+A007

重い機材を持って行った苦労が報われた良かった
撮った写真を拡大して良く見ると竹田城側にもたくさんの人がいる.暗い時間は稀に竹田城側のフラッシュや懐中電灯が写ってしまうこともw

こうなったら竹田城からの雲海も撮りたいっ.二兎を追いたい.雲海はまだ出ていたが連れを促して7時30分頃にはふもとに降りてきた.

さぁ目指すは竹田城址
秋祭りの影響?で城址の道は一方通行.そんな煽りを受けて城址へ上がる道の途中でクルマw

停められ待つこと10分・・・20分・・・30分.

長すぎじゃね?雲海なくなっちまうよ.

時折雨が降るし,上にいる警備の人何にも分からないで通せんぼしてるんじゃかなろーな.

30分強でようやく先頭のクルマが昇り始めた.ここもすれ違い困難な山道.しかも駐車場のキャパを超えてしまいただでさえ狭い道に沢山の路駐が発生道路整備状況の悪さは観光地としては大きな問題だ.警察が入ってきて道路整備で駐車場はそれなりに空いていた.でももっと早く入れてほしかったよ~

駐車場から竹田城までも徒歩10分ほどの登り坂.こちらは山登りではないのでかなり気分的には楽.

20121010_7

D700+A05

竹田城,城といってもただの石垣.建物の跡も何もない.説明文らしきものは入口に看板1つが立っているだけ.にも関わらず人々は魅了されて次々とやってくる.これもそれも雲海の魔力

20121010_8
D700+A05

要害のために作られた石垣は人に優しいはずもなく昇り降りには気を遣う.大小の石で綺麗に盛られた石垣は近くで見てもきれいだ.やっぱり雲海が見たかった
間違っても模擬天守などは作らないで欲しい.

20121010_9
D700+A05

朝からお腹いっぱいの竹田城.城や廃墟に興味が無くても一生に一度は見ても損はしないそんな物件.

20121010_3_2

| |

« 天空の城を見に行く旅 -1- | トップページ | 天空の城を見に行く旅 -3- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天空の城を見に行く旅 -2-:

« 天空の城を見に行く旅 -1- | トップページ | 天空の城を見に行く旅 -3- »