« 今年の夏はCX-8をちょこっと弄り-その1- | トップページ | 座間のひまわり »

2018年8月13日 (月)

今年の夏はCX-8をちょこっと弄り-その2-

その2だよ。

・ナンバー灯
カーメイトのBW149。
前車CX-7のものを移植。車検対応を謳うナンバーに合わせた下向き点灯タイプなので非常に明るくて良い。

20180813_1
・TVキット
マツダコネクトはメーカ純正品のため安全上走行中のTV視聴や操作ができないようになっている。以前はディーラーでもやってくれていたこの手の加工も今は一切取り合ってくれない。

マツダコネクトはナビというよりクルマの主要機能も弄れるようにできている。ネットで出ている安物キットで不具合が起きるリスクを負いたくなかったので動作保証付のナビ男くんに依頼した。

20180813_2

ところが、つけてもらった空き箱をみるとそこにはデータシステムとあるではないか。これなら自分で買って取り付けた方が安上がり、というのは後の祭りで知っていたら間違いなく頼まなかった。作業そのものは手慣れていることもって丁寧で綺麗な仕事だったので良しとする。

ちなみに目的は走行中にナビの操作がしたかったため。目的地が営業してなかったりした時に同乗者に目的地変更のお願いしたいが設定変更ができずにわざわざ停車するのは面倒だよね。

・ドライブレコーダ&レーダー探知機
クルマを新調したら絶対につけると思っていたドライブレコーダ。最近はレーダー探知機の連動タイプも登場していて操作をレーダー探知機側で行う事によりによりカメラ側がコンパクトになる。
残念ながら前車で使っていたZERO72Vはさすがに型が古くてドライブレコーダ連動機能はついていおらず泣く泣く一式買い替え。

昔だったら中国製の安物を買ってTVとの電波干渉をネタにブログを書くのも楽しみもあったけど最近は大人になったのでちゃんと国産を買ったw

20180813_4セルスターのAR-43GAとCSD-600FHRのセット。理由は安いから。OBD-2接続も考えたがマツダコネクトは不具合がおきる可能性が高いとの言われてOBD-2接続はなし。

カメラはルームミラーの裏側で運転中視界に入らないところに設置。レーダー探知機はAピラー脇の狭いスペースに無理矢理設置。

20180813_3
写真のオープニング画面は自分でカスタマイズした。ASSURAというオープニング画面はどうも好かない。

運転時間が表示されるので休憩のタイミングが判断しやすいことや、道の駅の案内が出てくるのはロングドライブでは結構重宝しているのだ。
CX-8には先行車発進お知らせ機能がなくこのドライブレコーダーにその機能があったので使ってみたがかなりお粗末で交差点でクルマが前を横切っても鳴るのではっきり言って使い物にならないレベル。

・シート隙間ポケット
CX-8は収納が少ないし小さいデザイン重視なの数も去ることながら1つ1つのスペースが狭いというのはこの図体にしてかなり不満。そのため今までシートの隙間には物が落ちないようにするクッション(100均で購入)を使用するのをやめて収納スペースへと変更した。

20180813_5

ブランド名は不明。材質はプラスチック。塗装ではなく着色樹脂の表面にシボが施されているだけなので質感はかなり低い。

ポケットに入っているスマホはGalaxyS8。幅はかなりあるのだが深さはそれほどないのでカーブではスマホが左右に揺すられて体に当たる。運転中左足を開く癖のある人は足の周りが鬱陶しく感じるかもしれない。シートとセンターコンソールの間に押し込んでいるのでキシミ音は多少増えてしまったのが残念。

もっと走り込んでから色々モディファイしていくかもしれないね。

| |

« 今年の夏はCX-8をちょこっと弄り-その1- | トップページ | 座間のひまわり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の夏はCX-8をちょこっと弄り-その2-:

« 今年の夏はCX-8をちょこっと弄り-その1- | トップページ | 座間のひまわり »