« 芦ヶ久保の氷柱を見に行って来ました。 | トップページ | CX-8 で5,000km走った感想 »

2019年2月 2日 (土)

Wave125iのリヤサスペンションを交換しました

遅ればせながら交換

なんでこんなに腰が重かったのかと言うと交換の手順がカブの10倍くらい多いこと

例えばカブ110(JA07)の場合リヤサスの交換はとても簡単で上下のボルト外して交換するだけ。

これがWave125iになると

20190202_1_2
左右のサイドカバーを外す(スナップフィットと十字ビスx8本)→リヤキャリアを外す(頭12サイズのボルトx4本)→リヤテールランプを外す(十字ビスx2本)→メットインを外す(頭8サイズのボルトX4)→ガソリンタンクを外す(頭10サイズのボルトX4)→リヤサスのボルトを外す(頭14サイズのボルトX4)という手順を踏まなければならない。

20190202_2
本当はインナーフェンダーも外す必要があるのだが、これは力業で解決した。

20190202_3

見ただけで心が折れそうな工程。
ボルトの本数も多いし、工具の種類もバラバラ。日本のカブの考え方を少しは学んでほしい。

ちなみにガソリンは空に近い方が良い。理由は、ガソリンタンクをずらして置いておく際に少しでも斜めになっているとキャップから漏れてくるから。空に近ければ少しくらい斜めでも気を使わなくてもいいし軽いので作業が楽だ。

交換したサスペンションは東京堂オリジナルモデルのYSSのRD220-330P-21-18というモデル。我がカブ110にも使っているお気に入りのサスペンションだ。(色まで同じ)

20190202_4

本当はYSSのRB220-330P-55というWave125i専用モデルを発注したのだが、注文後に生産終了という連絡があり購入できず国内にある在庫はみんな高いので仕方なく東京堂のオリジナルモデルを買ったのだった。正直モデル名の違い何を示しているのかよく分からず330Pがボルトの間隔ということがわかる程度だ。

YSSにこだわっているのはカブ110での乗り味が気に入っていることとチェーンケースへの干渉が最小限に抑えられそうというのがわかっているから。

ノーマルサスとの比較

20190202_5

ほとんど同じに見えるが、わずかにノーマルの方が長いか?Wave125i(AFS125)のリヤサスを交換する際は330mmを買っておけば問題ないと思う。ちなみにRD220-330P-21-18は、上側のカラーが12mmが入っているので付属の10mmカラーと入れ替える必要がある。結構硬いのでシリコンスプレーはあった方がいいと思う。

交換完了

20190202_6
フェンダーとの干渉はなし、チェーンカバーとは少し干渉するので加工が必要。私はチェーンカバーを誤って踏んずけて変形させてしまったのでタイに発注中(カッコ悪いので写真は反対側からw)

20190202_7
ぱっと見は純正っぽくて違和感なし。個人的にはWave125iはあまりカスタムしています感を出したくないのでこれでOKだ。

乗り味は劇的に変わった。まず、体重をかけるとスッとリヤが沈み込むのがわかる。走り出せば道路上のマンホールを乗り越えた時の突き上げ感がなくなり段差でわざわざお尻を上げる必要がなくなった。更にコーナーではほど良く沈み込むので安定感があって乗りやすい。ちなみにプリロードは最弱から1つ上げた状態。
結果は、純正がいかに硬すぎだったかよく分かる結果となった。いやぁ、もっと早く変えておくべきだったよ。

【後日談】

上下のチェーンケースをタイのMegaparts.comに発注。1/29に注文して2/12に到着なのでちょううど2週間で到着。注文時に2/1に発送する予定、って連絡があったにも関わらず実際に発送したよって連絡があったのは2/6と結構悠長な感じだ。

20190212_10
箱はボコボコだったけど中身は無事だった。

気になるサスペンションとリヤサスの干渉具合はというと

20190212_11
サスペンションの根元部で間違いなく干渉はしているが、当たっているところは極僅か。強めに押すと問題なく取り付けられたので加工せずそのまま使用することにした。

| |

« 芦ヶ久保の氷柱を見に行って来ました。 | トップページ | CX-8 で5,000km走った感想 »

コメント

ウェーブに限らずリヤサス交換がそれだけ面倒なバイクって滅多にありませんよね。
手順見て驚きました。
でも効果抜群で乗り心地が良くなったのなら07の出番激減必須ですね。

投稿: 八馬力 | 2019年2月11日 (月) 21時18分

八馬力さま

2度とやりたくない!って感じさせる作業ボリュームでした。
今回リヤサスがJA07と同じになったので乗り心地もほぼ同じになりました。

となると快適なのはブレーキやエンジンに余力のあるWave125iなのですが、リヤタイヤの溝がすでに終わっていることが判明し遠出はしたくないバイクになっちゃいました

投稿: 瑞古 | 2019年2月12日 (火) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wave125iのリヤサスペンションを交換しました:

« 芦ヶ久保の氷柱を見に行って来ました。 | トップページ | CX-8 で5,000km走った感想 »