« カブだらけの国ベトナムに行ってきました-旅の3日目編- | トップページ | 須賀川カブフェスに行ってきました »

2019年5月 9日 (木)

カブだらけの国ベトナムに行ってきました-旅の最終編-

帰りの飛行機VN384は朝8:10出発。
朝は、ホテルで朝食を食べている暇はないので前日にホテルに車を手配してもらいノイバイ空港に向かった。

タクシーも考えたが早朝にスーツケースが積めるタクシーがいるかどうか不安だったので前日にフロントに頼んで送迎をお願いした。タクシー会社ではなくヒルトンのプライベートカー。7人乗りの車で料金は370,000VDNと激安86番バスと比べちゃいけないけど妥当な価格。

早朝で道が空いていたこともあり空港までは30分ほどで到着。安全運転でスーツケースの扱いもとても丁寧でとても好感が持てた。

チェックイン後に空港内のStar Cafeで簡単に朝食。

20190509_1Df+Ultron40mmF2SLIIN+クローズアップレンズ

ベトナムサンドイッチのバインミー。
味があんまりしない…というかムラがあった。ノイバイ空港内の飲食店は軒並み評判がよろしくない。

実はVN384は離陸後すぐに機内食がある。ベトナム現地時間にして10時くらい。その後は着陸まで何もなく日本に着くのはお昼をとっくに過ぎた15時なので離陸前に少し食べておいたほうが良さそうだ。

帰路のロンビエン橋近く車窓で朝市らしきものを見つけた。食べ物を満載したバイクがあちこちにあって活気がある。こういう風景を撮りたかった。

ベトナムのメインの交通手段はバイク。庶民にとって車は高嶺の花で車に乗れるのはお金持ちだそうだ。なので必要なものは何でもバイクに載せる。ノーヘル、3人以上乗り、過積載。どれも比較的よく見かける光景。

20190509_3Df+タムロンA010

街道はバイクが非常に多く良くぶつからないなと感心する位なのでスピードはあまりそもそも出せない。多かったのはDream2とWave αでダブルシートでフラットなので人も荷物も積みやすいからだと思う。

20190509_2Df+タムロンA010

ちなみにベトナムではWave125iは売られていないが兄弟のFuture125が売られている。価格は3,020,000VDN~(約142,000円)で平均年収が30万円のベトナムにとってはかなり高いバイクのためかあまり見ることはなかった。

下の写真には色んなカブが一堂に写った。手前がWave RSX、GrabのTaxiがWave 110S(?)、その奥がFuture125、後方で2台並んでいるのがDreamII。ちなみにこれで一応信号待ち。

20190509_5

街のバイク屋も見つけたが用品店ではなかったので興味がわかなかった。

20190509_4

ま、そもそもベトナム語分からないから買い物できないけどね。

そんなハノイも2030年までに市内のバイクを通行禁止にする法令が可決された。とはいえすぐに車が買えるわけじゃないし本当に実現可能かは怪しい。でも、将来ハノイの街にバイクがなくなったら今回の経験はいい経験になったと思えるはずだ。

 

 

| |

« カブだらけの国ベトナムに行ってきました-旅の3日目編- | トップページ | 須賀川カブフェスに行ってきました »

コメント

ベトナムってからには水どうネタで絡みたいところですが極めてマジメな旅行記なのでとりつくシマがありません。
洪水のようなカブの奔流を法律で禁じるなんてベトナム政府もチャレンジャーですな。
確かに実現は怪しいと思いますが、もしかしたらベトナムらしいベトナムを観光できた貴重な経験だったかもしれませんね。

投稿: 八馬力 | 2019年5月 9日 (木) 18時26分

八馬力さま

道中面白かったのは大洪水くらいなもんで他は大したことなかったですw

排ガス規制も緩いベトナムは現実にはPM2.5は相当なものらしくマスクをしている人も多数いましたのでかなりバイク締め出しも苦渋の策と思われます。

投稿: 瑞古 | 2019年5月10日 (金) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カブだらけの国ベトナムに行ってきました-旅の3日目編- | トップページ | 須賀川カブフェスに行ってきました »