« カブだらけの国ベトナムに行って来ました-反省編- | トップページ | カブだらけの国ベトナムに行ってきました-旅の2日目編- »

2019年5月 6日 (月)

カブだらけの国ベトナムに行ってきました-旅の1日目編-

4泊5日の日程で行ったハノイだったけど観光したのは3日間だけ。
今回はその3日間の内の1日目をお届けする。

旅の一発目はホアロー収容所。一発目から刑務所になってしまったが行く順番を考えたらこういうに結果になった。ホアロー収容所は、フランス統治時代にベトナム人抵抗勢力を収容するために作られた刑務所。その後、ベトナム戦争時には北ベトナムがアメリカ人の収容所として使われていてハノイ・ヒルトンと呼ばれていた。

ホアロー収容所まではホテルから徒歩で行ったのだが、途中から雨が降り出し一気にバケツをひっくり返したような大雨になってホアロー収容所入口もこの通り。くるぶし程度まで水が浸かってしまっていて従業員さんたちは一生懸命排水。

20190506_1Df+AT-X17-35mmF4PRO FX

1時間ほど雨宿りして中を見学。狭い通路に足かせやギロチンの展示が生々しい。ギロチンで処刑された人の写真もある。

20190506_2Df+タムロンA010

 

20190506_3Df+タムロンA010

ホアロー収容所を後にしてそのまま歩いてハノイ大教会へ。雨は降っていたが小雨程度で歩くのには苦労しない程度にはなっていた。ハノイ大教会は中には入れないので外観だけ。雨もちょっと降っていて傘を片手に撮っていたので写真も少し雑になってしまった。

20190506_4Df+AT-X17-35mmF4PRO FX

ハンザ市場に向かう途中でブンチャーの有名店ダックキム(Dac Kim)で昼食。

20190506_5Df+タムロンA010

ブンチャーとは米粉の麺に焼き肉の入った甘酸っぱい汁につけていただく。

20190506_7 20190506_6Df+Ultron40mmF2SLIIN

黙っていても麺とパクチーが山盛りで盛られてくる、というかテーブルに置いてある。そこら辺で収獲してきたみたいな盛り方で小さな虫がついているのはご愛敬ということで許してあげてね。

20190506_8 Df+Ultron40mmF2SLIIN+クローズアップレンズ

揚げ春巻きも頼んだがとにかく量が凄い!1人前かと思えないくらいの量で食べきれなかった。

食後は、ハンザ市場。

20190506_10Df+タムロンA010

ここの見どころは地下のバッチャン焼売り場。中でもBAMBOOというお店はわかりやすい位日本人向けの店で店頭には日本語が並ぶというか日本語しか書いていない!わかりやすさ。店の名前で探すよりもPOPで見つけた方が早い。

20190506_9Df+タムロンA010

店員のオバちゃんも手慣れた感じで多くの日本人がここを訪れていた。値段も手ごろでまとめ買いしやすい。ちなみに値札は付いていないので交渉性。

ハンザ市場の後は旧市街を抜けてドンスアン市場。

20190506_12 Df+AT-X17-35mmF4PRO FX

旧市街に限らずだがハノイの市街地はバイクが非常に多い。歩道は一応あるのだがバイクや飲食店のイスが置かれているので非常に歩きづらい。信号もあってないようなもんで右折は平気で信号無視。ホーンは、「自分がここにいること」を示すために頻繁に鳴らす。

20190506_11 Df+タムロンA010

道路を渡るときは渡ると意思を固めたら一気に渡り切ること。運転者との阿吽の呼吸が必要でどちらが停まっても後続に迷惑がかかってしまう。不思議なことにこれで事故はほとんどないらしくぶつけて凹んだ車も少ない。

ドンスアン市場の見どころは1階でお土産、雑貨、バッグが多数売られていて迷路のようになっている。2階、3階は渡り廊下で繋がった別棟のような構成になっているが洋服屋が多い。また、階段に食べかけの食材が放置されているなどあまり綺麗とは言えない。ブランド物を売っている店もあるが恐らくすべて偽物と思われる。

20190506_13 Df+タムロンA010

ドンスアン市場から少し歩いてベトナム国鉄のロンビエン駅まで足を伸ばす。

20190506_14Df+タムロンA010

ロンビエン橋は、1902年に完成した歴史ある橋。ベトナム戦争でも破壊されたが修復して今日まで使われている。

20190506_15Df+タムロンA010

列車は1日2本なので滅多に来ることはなく観光客も地元民も線路上で好きなように写真を撮っている。

ロンビエン橋からはお土産を置きに一旦ホテルに戻りホアンキエム湖をプラプラ散歩。

20190506_20 Df+タムロンA010

玉山祠を見学。入場料は30,000VDN(150円)。

20190506_17Df+タムロンA010

中の見どころは大きな亀の剥製。ホアンキエム湖で捕獲された亀でなんと250kgもあるとか。

20190506_18Df+タムロンA010

今のベトナム語はアルファベットみたいな文字なのになぜここだけ漢字なのか?千年以上中国に支配されていた時代があったから。その後フランスに統治されて今のアルファベット文字ができた、ということらしい。

ちなみに夜の玉山祠はこんな感じにライトアップされる。

20190506_19Df+タムロンA010

ホアンキエム湖は日本でいうところの上野不忍池といった趣で湖の周りはお店が多く歩行者天国で歩きやすいので御徒町のアメ横といったところか。道では子供たちが遊んでいたり音楽を弾いている人がいたり自由な感じだ。

20190506_26 Df+タムロンA010

夕食は旧市街のおこわの店ソイイエン。

20190506_16Df+タムロンA010

もち米なので食感は日本人好みだと思うが、如何せんよくっくついているので食べにくい。

20190506_21Df+Ultron40mmF2SLIIN+クローズアップレンズ

早め&軽めに夕飯を食べたのは別に行くところがあったから。今晩の本番はターヒエン通りのビアホー。

20190506_22Df+タムロンA010

ターヒエン通りは南北100mほどの短い通りだがその店のほとんどがビアホー(居酒屋)。ターヒエン通りに限らずハノイの街は通りごとにジャンルが決まっていて目的がはっきりしている場合は場所が決まっているので行きやすい。ちなみにお土産店はあちこち点在しているので当てにならないw

観光客だか現地人だから分からないくらい沢山の人が通りにイスを出してビールを飲んでいる。ベトナムの食事処ではお風呂のイスみたいなプラスチック製イスを使うのが定番。

20190506_23 Df+タムロンA010

店が決まらずにウロウロしていると勧誘が激しくてうざいのでさっさと決めて入店するのが吉。結局、かわいい猫がいるバーに入店した。

ここのバーではハノイビールが1本25,000VDN(125円)。これでも安く感じるが、コンビニ(サークルK)ではハノイビール缶が1本14,000VDN(70円)で買える。ベトナムは世界一ビールが安い国らしいが本当に安い!

20190506_24Df+Ultron40mmF2SLIIN+クローズアップレンズ

飲んでいると足元になついてきたので猫の写真を撮ろうとしたら動いてしまいぶれた写真しか撮れなかった。残念。

20190506_25

明日は世界遺産ハロン湾に行くよ!

 

| |

« カブだらけの国ベトナムに行って来ました-反省編- | トップページ | カブだらけの国ベトナムに行ってきました-旅の2日目編- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カブだらけの国ベトナムに行って来ました-反省編- | トップページ | カブだらけの国ベトナムに行ってきました-旅の2日目編- »