« 本土寺のあじさいを見に行って来ました | トップページ | 今日は宮ヶ瀬カブミーティングのはずでしたが »

2019年6月29日 (土)

Wave125iを調べてみました【随時更新】

Wave125iを色々調べること第2弾!?

 ブログに公開する事が目的じゃなくて調べておく事が目的。オークションでパーツを見つけたときに流用できそうとかそんなところがすぐに判断できたらいいなって感じ。随時更新というのは、新しいものが出たら更新という意味ではなく調べた結果に自信がないので新たな情報が分かり次第更新するよ、という意味で捉えてもらえば幸い。

調査元はネット情報だが、オーナーズマニュアルやサービスマニュアル、パーツリストなどできるだけ信頼のおけるもので調べたつもりだ。

ちなみにここで言うWave125iはタイで生産/販売されているモデルのみで他の国で販売されているものは除くこととし、名称だと紛らわしいので商品名ではなく形式名で呼ぶことにする。

初代Wave125i(NF125i)は2003年の発売で先に発売されていたキャブレターモデルのWave125S(NF125A)と共通部品が非常に多いのが特徴。PGM-FIは第1世代。

Wave125i_2002

セミデジタルメータと呼ばれるLEDのインジゲータや燃料計とODOメータがLCD表示化されたメータを採用していた。

2代目Wave125i(NF125C)は2005年に発売されたモデル。Wave125i_008

ヘッドライトが2灯へ、ウインカーがハンドルからフロントカウルにビルトイン、キーシャッター付きのイグニッション、メータデザインが刷新されるなど外装は大きく変わっているがエンジン回りはほとんど一緒で初代Wave125i(NF125i)の流用が多い。PGM-FIは第2世代。
ちなみにこのモデルからヘッドライトスイッチがなくなり日本と同じ常時点灯に変わっている。

Honda_wave_125_i2


3代目Wave125i(AFS125)は2012年から発売されているモデルで正真正銘のフルモデルチェンジ。PGM-FIは第3世代になっている。(PGM-FIの変更は2010年から)

Wave125i_2012

Helmet-inと呼ばれるヘルメットが入るU-BOXを備えたモデル。

Wave125i_2012meter

テールランプがLED化するなど進化したところもあるがその一方で偏光板の不具合が多かったためか燃料計やODOメータがアナログに戻っている。

2018年モデルのWave125i(AFS125)は、ALL NEWと謳っていて新製品かのような書き方をしている。デザインの小変更とヘッドライトがLEDになった代わりにテールランプ電球になっている。

Wave125i_2018

PGM-FIは第5世代(2014~)まで進化している。

Wave125iは全てインジェクションモデルだが、キャブレターモデルも存在する。

Wave125S(NF125)は、Wave125i(NF125i)よりも前に販売されていたモデル。2002年頃から販売されている。

Wave125s_2002

2005年頃にモデルチェンジされてウインカーがハンドルからフロントカウルにビルトインになったりメータデザインが刷新されるなどの変更が行われている。

Wave125s_2005

基本的にWave125i(NF125i)と同じデザインというかこっちがベースモデルだね。

Wave125Rは、Wave125Sのスポーティーバージョンでハーフタイプのチェーンカバー、黄色いリヤサスフルアナログタイプのメーターなど
が装備されている。

Wave125r

Wave125RにはSpecialEditionという限定モデル?が存在していてリヤディスクブレーキが標準装備されていた。

Waver125r_specialedition

Wave125Xは2008年頃?から販売されているWave125Rの後継?と思われるモデル。ハーフタイプのチェーンカバー、フルアナログタイプのメータなどを継承しつつデザインを変更している。カブタイプにしては珍しくエキパイとサイレンサーが別体でできている。

Wave125x_2008

似たようなスペック、外観で形式名はなぜか皆同じNF125で兄弟モデルのようだ。

最後にスペックをまとめてみたが想像以上に似通っていてつまらなかった⤵大きな違いは装備程度のようだった。

Wave125i_spec

続く…かな?



| |

« 本土寺のあじさいを見に行って来ました | トップページ | 今日は宮ヶ瀬カブミーティングのはずでしたが »

コメント

weveってそれだけで1ジャンルのバイクですよね。
weve125(110)って名前だけ同じで中身はかなり頻繁に変わってる様子。
チラッと見たパーツカタログ(AFS125用)には型番違い項目が八つぐらい並んでました^^;
これだけ色々変わってると純正部品調べてカスタムやらアップデートやらも面白そうですね。
因みにエンジン関係はC125と共通部品も違う部品もあるのでリストを見比べる機会があると面白いです。

投稿: 八馬力 | 2019年6月30日 (日) 08時16分

八馬力さま

Waveはイヤーモデルのような形を取っていてほぼ毎年マイナーチェンジを行っています。このたびに品番が変わるし、更にセルの有無やホイールの違いなどのグレード展開もあるので把握しきれません。パーツ発注時に間違えると大変ですね。

実はC125とのエンジンの違いは一応調べたんですがミッションギヤ以外ほとんど別物で2018モデルのWave125iになったときに少しC125に寄せた感じでこれでブログ記事化は未定です( ̄∇ ̄*)ゞ

投稿: 瑞古 | 2019年6月30日 (日) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本土寺のあじさいを見に行って来ました | トップページ | 今日は宮ヶ瀬カブミーティングのはずでしたが »