« マツダコネクトってそんなに使えないのか? | トップページ | 今日は土用の丑の日 »

2019年7月21日 (日)

CX-8のバックランプをLED化しました

CX-8のバックランプはT16の電球。

 

CX-5はバックランプがLEDなのにCX-8はなぜかT16電球。バックランプなんて走っていても数十秒しか使わないからどうでもいいや、と思っていたがT16電球は暗いのでLED化して光量UPすると夜のバックカメラの見栄えが良くなると聞いて欲しくなりAmazonで安売りしている時に購入。

20190721_2

購入したのは、ピカキュウT16 爆-BAKU-650lmバックランプ用LED。

20190721_7

シリーズとして450lm、650lm、800lmの3つの明るさがあるがその中で650lmを選んだのは単に安かったからだ。

取り付けは非常に簡単。

20190721_6

リヤゲートの裏側蓋を開けてソケットを外し取り付けるだけ。ソケットは少し固めなので力の入れ方にコツがいるが、ぐらつきが少ないので振動で外れることは恐らくないだろう。無極性なのもいい。確認を含めても10分程度で終わる作業だ。

取り付けの図

20190721_1

左がLEDで右がノーマルの電球。曇天下の昼間では明るさをそれほど感じない。

両方つけてみた。

20190721_3

白くて綺麗になった。

バック時の明るさの比較。

ノーマル

20190721_4

LED化

20190721_5

比べれば確かに明るくなってはいるが効果は思ったほどでもない!?

ナンバー灯をLED化しているのでその明るさが勝っていてあまりバックランプのLED化の効果を感じられない。
実用性の向上というよりはドレスアップ効果の方が大きい製品だと思えば後悔はしないだろう。

 

| |

« マツダコネクトってそんなに使えないのか? | トップページ | 今日は土用の丑の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マツダコネクトってそんなに使えないのか? | トップページ | 今日は土用の丑の日 »