« 東京モーターショー2019に行ってきました-その他編- | トップページ | CX-8の年次改良 »

2019年10月27日 (日)

次期カメラの選定-D750編-

結論から言えば欲しいのはD850。
しかし、自分には色々とオーバースペックな気がしている。

ではD750ならどうかと考えると今度は物足りない感じがする。
スペックの違いは色んなところで語り尽くされているのでここでは割愛する。

20191027_8

D750の魅力は

・比較的手ごろな価格
購入の決め手が値段だと後々後悔することが多いのが気になる。
・AF補助光がついている
中心測距点しか対応しないものの光らせてしまえばどんなに暗くても大概合焦してしまうという点はありがたい。
・小型軽量で握りやすいグリップ
サイズ普通、指は太めの手なのでD750のグリップはしっくり来る。

D750の問題点は

・ボタンが発光しない
暗所で不便
・AFエリアが狭い
三脚使用時に不便
・すぐ外れるアイカップ
前回使用時に致命的に感じられた。
・1/4000秒、X1/200のシャッター
実用上の問題は何もないのだがシャッターを切ったときのフィーリングが明らかに違う。
・発売から5年が経ちそろそろ後継機が出てもおかしくない時期
今のニコンはミラーレスのZシリーズにリソースを注力していると思われるのでしばらく新製品はないかもしれない。

今回は地元の祭り町田時代祭りで試用した。しかも被写体は普段あまり撮らない動きもの。

20191027_1D750+AF-S70-200mmF2.8G VRII

レンズはAF-S70-200mmF2.8G VRIIをチョイス。重量バランスは明らかなレンズヘビーだがグリップがいいせいかあまりバランス悪さを感じなかった。

20191027_2 D750+AF-S70-200mmF2.8G VRII

連写速度は6.5コマ/秒だが「遅い!」と感じた。今持っているニコンD4は同じ条件で10コマ/秒が出せる。結構派手な音はするが"下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる"ができるD4の方が失敗写真が減るのだ。

20191027_5

20191027_4 D750+AF-S70-200mmF2.8G VRII

狭いと思っていたAFエリアは今回の試用では気にならなかったが、AF中抜けは多数発生。ただし、これは普段動きものを撮りなれていない設定の悪さもあったようでAF-CのグループAFか測距点固定で乗り切れた。

20191027_3

D750+AF-S70-200mmF2.8G VRII(トリミング)

画質はうーん、正直どうてもいい(笑)
2000万画素なんて不要だ。

次回はD850を検討する予定。

 

 

 

 

 

 

| |

« 東京モーターショー2019に行ってきました-その他編- | トップページ | CX-8の年次改良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京モーターショー2019に行ってきました-その他編- | トップページ | CX-8の年次改良 »