« 宮ヶ瀬カブミーティング | トップページ | Wave125iの新型モデル »

2019年11月12日 (火)

シグマfpを使ってみました

フルサイズミラーレスの大穴候補!?

フルサイズのミラーレス一眼は時期尚早と思っている私だが全く興味がないわけではない。
実はソニーα7は既に持っているし、数年来にはミラーレス一眼に移行する時が来ると思っている。最近の業績を見ているとソニーが一人勝ちでキヤノンとニコンは業績が芳しくないという報道されいてるのも事実。

もう1社フルサイズのミラーレスに参入がある。それがLマウントを使うライカ、パナソニック、シグマだ。Lマウントのライカはカメラもレンズも庶民には全く手の届かない価格で購入検討の候補にすら上がらない存在。ところがシグマなら何とか手が届きそう。今回シグマfpを借りることができたので少しレポートしてみようと思う。

20191112_8

fpはそんなシグマから出た世界最小最軽量を謳うカメラ。45mmF2.8DG DNを付けた姿はAPS-Cのコンパクトカメラよりも小さい。普段使いのDOMKE F-4AFのサイドポケットにすっぽり入るフルサイズミラーレスなのだ。グリップHG-11はホールドを安定させるのにあった方が良いと思う。

小さいには理由があってこのカメラ、普通のミラーレス一眼にあるべきものが存在しない。それはシャッターとダストリダクション機能だ。

20191112_9

シャッターレスで起きる問題はローリングシャッターアーティファクト。高速で動く被写体を撮ると歪んで見える現象だ。ちなみにフォーカルプレーンシャッターを搭載したカメラでも必ず起きるがその速度が1/250秒とか1/180秒とかいわゆるシンクロ速度以上で起きる現象なのであまり目だ立たない。
fpのシンクロ速度は1/30秒なのでおそらくここがローリングシャッターの転送速度の最速なのだろう。凄く遅い気がするがよくよく考えてみればMFフィルム一眼レフ時代の横走りシャッターのシンクロ速度の定番が1/60秒で別に困らなかったからさほど驚くほど数字ではない。

AFもコントラストAFのみでAF-Cモードはついているものの動き物はAF行ったりきたりしやすいのでカメラの特性を良く理解して使えば快適に使えると思う。基本的に被写体は静物に限った方がいい。

20191112_10

レンズは45mmF2.8DG DN Contemporary。見た目も写りもfpに良く似合っているレンズ。もしこのレンズが同時発売じゃなかったらfpは売れなかったと思う。レンズ構成はテッサータイプの後群にレンズを付け足したような変わった構成。

20191112_11

公式ページより

公式サイトに「開放時にはクラシカルともいえる柔らかなボケ味を楽しめる一方で、絞り込めば現代的なシャープな切れ味も楽しめる」とある通り開放の最短付近では柔らかい描写をする。ボケも非常に綺麗。

20191112_2

テッサーというと発色はいいけどボケ味は少々不得手かな、という印象があるが一切ない。

特にテーブルフォト=料理の写真は良く似合うと思う。

20191112_1

20191112_5

絞ればキレキレ。というかfpはデフォルトのシャープネスが高すぎる気がする。良く言えばFoveonセンサーっぽい。

20191112_3

カラーモードの設定でティール&オレンジ(T&O)という設定がある。映画業界で流行っている設定でティール(シアンっぽい色)とオレンジが強調された独特の色合いである。

20191112_4

これで紅葉を撮ってみるとなかなかいい。T&O自体はRAWで撮ってレタッチすればどのカメラでもできるが、撮影時に効果を確認できるってところが新しいのだ。

20191112_7

fpというカメラは新しいところは何もない。これまで必要とされてきたシャッターやダストリダクションやAF補助光がないことで小型化したカメラで他のメーカからしてみれば「その手があったか!」と思っているだろう。これが売れれば二番煎じ的なカメラが他のメーカからも出てくるに違いない。その時に生き残れるかはどうかは今後のLマウントのレンズ次第だろう。

20191112_6

個人的にはF2.8やF2のコンパクトなレンズや沈胴式のズームレンズがあったらカッコいいと思うのだ。

 

 

 

 

 

| |

« 宮ヶ瀬カブミーティング | トップページ | Wave125iの新型モデル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮ヶ瀬カブミーティング | トップページ | Wave125iの新型モデル »