« 矢納発電所跡に行ってきました | トップページ | 桜について語る »

2020年3月23日 (月)

CT125が発表になりました

東京モーターショーで参考出品されていたCT125が正式に発表になった。

20200320ct125_002h

参考出品モデルとほとんど変わらない形。

参考出品時の写真がこちら。

20191024_1

パッと見て気付くポイントとしては

20200320ct125_003h

・マフラーガードに樹脂製のパーツが追加されている
・チェーンカバーが無塗装になった
・タイヤ表示がインチ表示からメトリック表示になりタイヤパターンもオンロード系に変わっている
・キックペダルが装備されている
・ウインカーがオレンジからクリアに変わった
・キャリア形状は大幅に変わっている

こんなところかな。

一見してカッコいいスタイル。

C125とWave125i Helmet-inのスペックを比較してみた。

20200323_1

よく似ているがエンジンは低回転トルクを重視した設定になっていて最終減速比も低い。タンク容量は5.4Lと最も多くこれはツーリングには便利そうだ。

一方で気になるのが800mmというシート高。メーカHPには足つきのいいシートとしてべたつき足の写真が紹介されているが短足の私には足つきが凄く心配になる。Wave125iの735mmのシート高は両足つま先程度の足つきだが、実は長距離ツーリングでは乗っている時の足の曲がりがとても楽で遠出は圧倒的にWave125iの出番になっている。乗った時の姿勢は個人の体格やハンドルの高さとかも密接に関わってくるので乗ってみないと何とも言えない。ただ足が着かなかったら…諦めるかな。シートロック構造的にシート交換は容易じゃなさそうな予感。

もしCT125とC125のどちらが良いかと聞かれればCT125か。荷物が積みやすそうだったりカスタムもしやすそうなスタイルが魅力的に感じる。ただ¥440,000という価格は同じホンダ車だとPCX150より高い。乗っていて楽しいかどうかは別として実用性はPCX150の方が高そう、なんて余計なことまで考えてしまう。

まぁ買うかどうかは…置き場もお金もないですぐにってことはないでしょうね。

| |

« 矢納発電所跡に行ってきました | トップページ | 桜について語る »

コメント

現クロスで爪先立ちの私にはシート高800ミリは厳しいです。
確かにハンターカブっぽいスタイリングに至れり尽くせりの装備で格好いいバイクだなぁとは思いますが、私には縁遠いかな~。
あ、縁があろうがなかろうがオマエには似合わない?
ごもっとも^^;

投稿: 八馬力 | 2020年3月24日 (火) 20時32分

現クロスで爪先立ちの私にはシート高800ミリは厳しいです。
確かにハンターカブっぽいスタイリングに至れり尽くせりの装備で格好いいバイクだなぁとは思いますが、私には縁遠いかな~。
あ、縁があろうがなかろうがオマエには似合わない?
ごもっとも^^;

投稿: 八馬力 | 2020年3月24日 (火) 20時33分

あら、何故ダブり投稿に( ̄∇ ̄;)

投稿: 八馬力 | 2020年3月24日 (火) 22時39分

八馬力さま

コメントがいっぱい入っている!と思ったら八馬力さんだったんですね。面白いからこのままにしておきますね。

シート高800mmなのに足つきがいいって言われても股下が800mm未満の私には信じがたいというのが本音です。

個人的には買ってこんなに!!ってほどあんこ抜きして木馬みたいなシートになったCT125を披露してほしいです。

投稿: 瑞古 | 2020年3月24日 (火) 22時56分

八馬力さま

コメントがいっぱい入っている!と思ったら八馬力さんだったんですね。面白いからこのままにしておきますね。

シート高800mmなのに足つきがいいって言われても股下が800mm未満の私には信じがたいというのが本音です。

個人的には買ってこんなに!!ってほどあんこ抜きして木馬みたいなシートになったCT125を披露してほしいです。

投稿: 瑞古 | 2020年3月24日 (火) 22時56分

あ、自分もコメント2つになってる!
これシステムがおかしいですね・

投稿: 瑞古 | 2020年3月24日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 矢納発電所跡に行ってきました | トップページ | 桜について語る »