« カメラ機能を重視して買ったスマホとは? | トップページ | ニコンDfを買ってから6年が経ちました »

2020年3月 8日 (日)

HUAWEI P30のカメラ機能を使ってみた

しばらくHUAWEI P30のカメラネタが続きますがご理解ください。

20200301_2

P30と聞くとカメラ好きからすれば古のペンタックスのMF一眼レフP30を想像するよね。

カメラに関してはただただ関心するばかり。AIによる認識力は素晴らしく花を入れれば「花」と認識するのはもちろん、人物認識させようとライブDVDの映像を見せたところなんと「ライブ」と認識したのにはさすがに驚いた。昔のカシオ製デジカメでいつ使うの?思うほどプログラムAEが搭載されたカメラがあったけどこれが自動でシーン判別できれば実用的だ。

撮影モードにはオート(写真)、アパーチャー、夜景、ポートレート、プロの他にスーパーマクロ、スロー、モノクロ、パノラマ、HDR、フィルタ、ARレンズ、ライトペインティング、コマ抜き、アニメーション写真、ステッカー、文書、デュアル表示と言ったモードが選べる。

20200308_3アパーチャーモードで撮影

アパーチャーというモードは絞り優先AE…ではなく背景のボケを撮影時にコントロールすることができる機能。数字が小さければ小さいほどボケ量が増えるというのは絞り設定のことを知っている人ならすんなり理解できる。驚いたのがボケの量を後から変更するも可能ということ。
加工前の元データがファイルの中に格納されているってことなのだろうか一体どうなっているのか私には理解不能w

ARレンズは人の顔を認識してアニメーションエフェクトが追加される機能。可愛い子にやってあげると喜ばれるけどおっさんには必要ないですね。

20200308_1ライトペインティングの失敗例

ライトペインティングはいわゆる長秒露出機能。水の流れを表現したり夜に自動車のヘッドライトの奇跡を残す撮影ができる。さすがに三脚等の固定が必須で手持ちでは無理だった。コマ抜き、アニメーションは写真を動画でアウトプットする写真。

デュアル表示は2つの画角を同時に動画撮影可能!という複数のカメラがついているならではの機能。実用性はよく分からないけど自分の演技とか自撮りでチェックしている人なんかが便利だったりするのかな?

画質は良くも悪くもコンデジ並の画質。とても見栄えのする画像だけど塗りつぶし感がかなりあるので画質を期待すると少々期待外れ。スマホ観賞用って考えればかなりいいと思う。

20200308_2夜景モードで撮影(手持ちで夜景が簡単に撮れる!)

実はP30にはプロモードで撮影するとDNG(RAW)が撮れる。Adobe Lightroom Classicにはレンズ補正のプロファイルもちゃんとあったので本格的にいじりたい人はRAW現像も可能だ。

20200308_4MFじゃないとピントが合わない例

使ってみた感じ概ね優秀なのだがAFに少し癖があるようで被写体が小さいとどうしてもピントが合いづらい傾向があるようだ。そんなときはプロモードでMFに設定しなければならない。

20200308_5

光学ズームにマクロ機能もついててしかも優秀なシーン判別といざとなればRAW撮影もできる。はっきり言ってコンデジは不要です!古くて小さなイメージセンサのコンデジは出番がないので全部捨てていい。

カメラ以外の機能について気になったことと言えば、バイブレーションが弱いこと。強さやパターンの設定を変更することもできないのでバイブレーションを重視する人は注意した方が良さそうと感じた。

 

| |

« カメラ機能を重視して買ったスマホとは? | トップページ | ニコンDfを買ってから6年が経ちました »

コメント

何を書いてあるのかチンプンカンプンですが、夜景の写真見て「深夜食堂」のオープニングを思い出して腹が減りました。
何年も使ってるスマホのカメラのセルフタイマーすら使い方知らない人より。

投稿: 八馬力 | 2020年3月 9日 (月) 21時24分

八馬力さま

レンズ交換式一眼レフカメラを使っている身としてはスマホの写真なんかに負けてたまるか精神があってスマホの機能なんて見向きもしなかったのですが、コンデジ業界が完全にスマホに駆逐されたのを目の当たりにしてようやく目を向けることになりました。

スマホに限らずですが今のカメラは多機能すぎてすべての機能を把握しきることはできませんね。

投稿: 瑞古 | 2020年3月 9日 (月) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメラ機能を重視して買ったスマホとは? | トップページ | ニコンDfを買ってから6年が経ちました »