« 中古レンズの選び方-通販編- | トップページ | 中古レンズの選び方-決意編- »

2020年5月23日 (土)

CX-8のバニティランプを交換しました

緊急事態宣言がまだ解除されず出かけれられないので車いじり…

2018年モデルのCX-8 L Packeageは一部の灯火類にまだ電球が使われている。

これまでナンバー灯ラゲッジルームランプバックランプを交換してきた。残るランプはバニティランプのみ。ほとんど使うことがないのでどうでも良かったけどネットを見ていたらお手頃価格でいいものを見つけたので思わずポチっとしてしまった。

ノーマルはこんな感じ。電球色で少し暗く感じる。

20200523_1

買ったのは、ノーブランドで3chipSMD2連 T6.3x31mmのLED。色は電球色で値段は送料込みで652円とお手頃価格。

20200523_2

早速取付。CX-8のバニティランプはバニティミラーのカバーをスライドさせると点灯する構造になっているが、途中で止めれば点灯しないのでその状態で作業を行う。

まずは運転席側。カバーは精密マイナスドライバーで上下のどちらかの隙間をこじれば簡単に取れる。

20200523_3

交換してテスト点灯!このLEDは極性があったのでカバーを閉じる前に必ず点灯確認が必要。

20200523_4

カバーを閉じて交換完了。色は淡黄色で元の電球の色とは全く違う印象になる。

20200523_5

続いて助手席側。同様にして交換。

20200523_6

実は運転席側と助手席側でランプカバーが違うことに初めて気付いた。運転席側は擦りガラス状になっていてより光が拡散=暗く感じるようになっていた。それに対して助手席側がカバーがフレネルレンズで運転席側に比べると光の拡散は少なめでLED2灯であるのがよく分かる。こんなところにまでコストかけなくてもいいんじゃないかな。

交換は写真を撮りながらでも10分程度で終了。バニティランプは直視することが多いのでとあえて暗そうな2連の電球色を選んだのだがこれが大正解で非常に品のある明るさと色合いになった。うちの家族は家の電球をLEDに替えても気づかないほど鈍感なので多分誰も気付かないだろうな…。

以上、自己満足カスタムでした。

| |

« 中古レンズの選び方-通販編- | トップページ | 中古レンズの選び方-決意編- »

コメント

外出自粛規制で家にいるとつい余計なモノをポチっちゃうのは皆さん同じですね。
今日会った皆さんも一様に同じ事言って笑ってました。
仕事ができなくて収入減で困る人も多いようですが、通販業者と配送業者は大忙しですね。

私も以前の車でLED車内灯にしたら眩しくて困り、今度の車には暗そうなのを選んだら本当に暗くて役に立たないという・・・加減が難しいです^^;

投稿: 八馬力 | 2020年5月24日 (日) 17時31分

八馬力さま

あら、コメントがあったの見落としてました。すみません。

仕事が忙しくなると出掛けられなくなり余計なものと知りながら買ってしまう悪い癖が発動します。今回は在宅勤務も重なってます。

安物LEDの明るさ情報は口コミで確認するしかない上、必要な明るさは車種や用途によっても変わるので自分にとって最適かは買うまではわかりませんね。それが楽しみでも在るんですが(;゚∇゚)

投稿: 瑞古 | 2020年5月30日 (土) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中古レンズの選び方-通販編- | トップページ | 中古レンズの選び方-決意編- »