« おすすめできるレンズとは-その1- | トップページ | アーカイブで旅を語る-バンコク編1- »

2021年4月28日 (水)

おすすめできるレンズとは-その2-

フォクトレンダーULTRON 40mm F2SLシリーズ

個人的によく使うレンズのフォクトレンダーULTRON 40mm F2SLシリーズ。以前も取り上げたがおすすめするのはULTRON 40mm F2 SLII Aspherical(2007年)以降の電子接点付きモデルである。

20210428_1

小さくて軽くて寄れて明るいレンズ。クローズアップレンズがあればマクロとまではいかないまでもかなり寄れる。AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの欠点を補ってくれるレンズなのだ。AFも手ぶれ補正がないという点は私にとってAFはさほど重要ではなくむしろ機動性の良さが大きなメリットと感じる。旅行先ではスナップやテーブルフォトに便利なので持って行くことが多い。45mmF2というスペックも良く、F2.8ではなくF2というところがまた良い。

20210428_2

筐体が極端に短いためレンズ着脱時にフォーカスリングや絞りリングが一緒に回ってしまう。実用面で犠牲になっているところはそんなもんで、デジタル一眼レフにつけてしまえばフォーカスもやりやすいし、絞りリングは使わないので問題にならない。コンパクト化を優先したレンズだが、実用性は結構高い。

20210428_3

設計は10年以上前と古い。レンズ構成はトラディショナルな変形ガウス型で最終レンズに非球面レンズを使っている。

20210428_5

写りはコントラストが高めで線は細い。絞り開放付近のクローズアップ撮影では柔らかさもある。ボケは非球面レンズ由来の玉ネギボケが発生し、被写体によっては気になることがある。突出した高性能ではないちょうどいい感じの味付けが癖になる。

20210428_4

このレンズの中古価格は4万円程度でお買い得とは言い難いし、タマ数も少ない。
フジツボ型フードでカメラの中心にちょこんと収まる佇まいがかっこ良く、MFであることを気にしないのであれば是非お勧めしたいレンズだ。

| |

« おすすめできるレンズとは-その1- | トップページ | アーカイブで旅を語る-バンコク編1- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おすすめできるレンズとは-その1- | トップページ | アーカイブで旅を語る-バンコク編1- »