« アーカイブで旅を語る-シェムリアップ編- | トップページ | アーカイブで旅を語る-ウィーン編- »

2021年5月 5日 (水)

アーカイブで旅を語る-プラハ編-

お洒落な街チェコのプラハ

20210505_3

1.コルナが面倒

チェコはEU加盟国だが通貨はユーロではなくコルナが使われている。

20210505_2

画像と本文は関係ありません

この時の旅はプラハからユーロが使えるオーストリアのウィーンへ電車で移動する旅だったのでチェコで換金したお金は全てチェコで使い切る必要があった。ちなみにコルナからユーロへの換金レートは非常に悪いのでおすすめしない。

2.ナームニェスティ・レプブリキ駅前事件

旧市街の近くにあるナームニェスティ・レプブリキ駅。

20210505_1

白昼のこの駅で暴行事件を目撃した。老人と若者言い争いが発端で最後は大きな罵声と共に若者が老人に一発殴り鈍い音共に老人はノックアウト。日本でもこんなシーンは滅多にないのに海外で目撃するとは思ってなかった。

3.天文時計は1時間ごとにからくりがあった

プラハ旧市庁舎にある天文時計。

20140706_1_2

600年も動き続けている時計が毎時00分になるとからくりが出ることを知らずにスルーしていた。知ったのは帰国後。プラハまで行って最も有名な観光名所を見ずに帰ってくるというトホホな結果であった。

4.一番美味しかったのはビール!?

プラハではヴルタヴァ川のディナークルーズをしたり、旧市街でグヤーシュ(牛肉の煮込み)やピザを食べたりしたのだが、美味しかった食事の記憶がないw一番美味しかったのはレストランU Pinkasuのピルスナービールだった。

20210505_4

20210505_5

 

 

| |

« アーカイブで旅を語る-シェムリアップ編- | トップページ | アーカイブで旅を語る-ウィーン編- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーカイブで旅を語る-シェムリアップ編- | トップページ | アーカイブで旅を語る-ウィーン編- »