« 海ほたるに夏至の日の出を見に行こう-絶望編- | トップページ | RX1Rについて調べてみました-番外編- »

2021年6月24日 (木)

CX-8の車検と代車

早いものでCX-8を購入してから3年が経ちました。

22210624_2

目立った不具合も起きず、この3年間のメンテナンスもエンジンオイルとエアコンフィルターといった消耗品を交換しただけ。車検を受ける際に指摘されたのはリヤワイパーゴムが切れている、位でそれ以外は問題なかった。

車検が通るかどうかは保安部品であるフロントウインカーLED化(DSIC社製)バックランプLED化(ピカキュウT16 爆-BAKU-650lm )ナンバー灯LED化(カーメイトBW149 )ホイール交換(RAYS HOMURA 2x7Limited Black )がどう判断されるかが気になっていたがどれも問題なくパスした。

保安部品以外で交換をお勧めされたのがエアコンフィルターとエアクリーナーエレメントの交換。どちらも汚れているからが理由だったけど自分で選定&交換したかったのでお断りした。

代車はCX-30 XD PROACTIVE Touring Selection(AWD)。

22210624_1

いつもよりは少し多めに走った、といっても海ほたるに行った程度だけど感想を書き連ねて行く。

22210624_3

シートポジションは低くすると足を前へ投げ出す姿勢になり私好みの着座位置に設定できた。シートに座った第一印象は表皮のクロスが突っ張った感じで硬いと感じた。これは普段ナッパレザーのしなやかに体を受け止めるシートに慣れているからだと思う。どっちがいいとか悪いとかじゃなくて好みの問題かなと思った。

22210624_9

ディーラーからの帰りは雨降りの酷い渋滞(泣)で、おかげさまでマツダコネクトの車両設定を自分好みに色々と弄ることができた。

エンジンの印象は以前試乗した時と変わらないので割愛。ブレーキは短いストロークで効く設定で停止直前のコントロールがしやすい。さらにアイドリングストップはブレーキを大きく踏むと作動するように設定されていて、ブレーキホールド機能だけを作動させやすくなった。これなら社外品のアイドリングストップキャンセラーは必要ないかな、と思った。

20210620_1_20210624234401

海ほたるに行った時は夜明け前。

オートライトの義務化に伴い、ヘッドライトのスイッチはオートライトに自動的に戻るようになっているので暗い時はエンジンオンで自動的にライトが点灯する。停車時以外にヘッドライトをオフにすることができなくなったがこれも時代の流れなので仕方がない。ALHの切替はヘッドライトスイッチの先端にボタンがついて切り替えが分かりやすくなった。

22210624_11

雨が降っていたのでワイパーも使用したがオートにするとレバーにランプが点灯してワイパーのうっかり戻し忘れが発生しにくくなった。これは嬉しい改善だ。

22210624_7

目的地までは高速道路をメインに走行。CX-30にはアダプティブクルーズコントロールを使用したが、操作方法がCX-8とは結構違っていた。
まず、クルーズコントロールを設定しても電子音が鳴らなくなった。これはうるさいなと思っていたので改善。

22210624_5

次にステアリングスイッチでの速度設定が1km/hごとに設定できるようになった。これは微妙でボタンを押す回数が増えてかえって煩わしさが増えたように感じた。長押しすれば10km/hごとに変わるが長く押しすぎると速度設定が一気に上がって怖い。正直以前の5km/hごとの設定で十分だと思った。ボタンの形状も微妙。というか私がバカだったのかもしれないけどステアリングスイッチは文字の部分を押す、じゃなくてシルバーの部分を上下に動かして設定する。最初はそれを知らずにボタンが凄く押しづらいなぁと思っていた。

ハンドルは最初は重いと思ったがこれは普段乗っているCX-8が軽いから。重さ的にはCX-30の重さの方が好み。ハンドルアシストも試したけど高速道路では出口車線にアシストされることがあり怖かった。まだ発展途上で恐らく使わなくなる機能になるなと思った。

22210624_6

ロードノイズはCX-8より断然静か。特に荒れた路面の静粛性は顕著だった。

22210624_4

センターディスプレイは8.8インチで横方向の情報表示量が増えているのが嬉しい。バックカメラも画質はかなり良くなったがレンズの収差なのか画面の歪みが多く距離感覚が掴みにくい。慣れれば大丈夫かもしれないが1日程度では慣れるまで至らなかった。

22210624_8

現地到着。下車して車から離れれば自動的に施錠。これはオートロックを設定した場合で通常はドアハンドルのセンサ部をタッチすると施錠する。開錠はドアハンドルを握るだけ。施錠と開錠が非常にスマート。一方でサイドミラーの自動格納はタイミングが遅め。溜めのつもり?かもしれないけど遅すぎに感じた。

ラゲッジスペース…リヤシートを倒した時に大きな段差ができるので車中泊には工夫が必要だなと感じた。

22210624_10 写っている段ボールはLEDシーリングライト。何の前触れもなく壊れて急遽買いに行くことになったのだ。代車があって良かったぁ。

翌日の夕方には車検が仕上がりCX-30を返却してCX-8で帰宅。
帰路の車中で思ったこと。乗り心地はCX-30の方が好きかも。




 

 

| |

« 海ほたるに夏至の日の出を見に行こう-絶望編- | トップページ | RX1Rについて調べてみました-番外編- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海ほたるに夏至の日の出を見に行こう-絶望編- | トップページ | RX1Rについて調べてみました-番外編- »