« RX1Rについて調べてみました-番外編- | トップページ | H温泉の旅動画をUPしました »

2021年7月 1日 (木)

ニコンDfユーザーから見たニコンZfc

ニコンからクラシックスタイルのミラーレス一眼Z fcが発表になりました。

DfユーザーであればZ fcは似た形状カメラだから気になる存在。

20210701_3

結論から言うと購入検討の対象にはなりません!
理由はイメージャサイズがAPS-Cだから。フルサイズが出たら考えます。

これだけじゃ面白くないのでせっかくだからもう少しDfユーザー目線で見て行こうと思う。

20210701_4

見た目は似ているがターゲットが違う。

Z fcのキャッチコピーは「私の世界を変えたモノ」
これだけじゃ何言っているのかよく分からないが、写真の世界観を変えたいというコンセプトでターゲットが若い女性だ。

一方Dfのキャッチコピーは、「精密機械の感触」と「操る愉しみ」を、あらためてその手に。懐古趣味なコンセプトでターゲットはニコンのMF一眼レフ好きな人、いわゆるニコ爺であることは明白だ。

形は似ているけどターゲットは全然違う。Dfはあまり売れなかったと言っていた記事もあるのでターゲットを変えたのだろう。FM2のデザインを受け継いだというZ fcスタイリングはカッコいい。MFレンズとのマッチングも良さそうだ。操作系はDfを踏襲しているように見えて実は少し違う。

20210701_1

20210701_2

軍艦部のスイッチ類は露出モードと露出補正ダイヤルの位置が入れ替わった。この方が露出補正がやりやすいだろう。
サブコマンドダイヤルの向きもオーソドックスな向きに変わっている。Dfのサブコマンドダイヤルは非常に使いづらく普段は使わなくても良い設定に変更している。
セグメント液晶はF値のみだけを表示するになっているが、ここまでして残す意味があるのか疑問。Dfの絞り、シャッター速度、撮影可能枚数の3項目は残しておいてほしかった。
ねじ込み式レリーズ端子は是非残してほしかった機能。見た目どうこうじゃなくて必要最低限の機能を有したレリーズはかさばらないし使いやすいので非常に重宝するのだ。

背面もバリアングルモニタをつけたことでボタンのレイアウトは全く異なる。

20210701_5

オールドレンズ好き用のカメラからお洒落な人のカメラへと変貌を遂げたZ fc。個人的にはイメージャサイズがAPS-Cの時点で購入対象外だけどもし同じようなコンセプトでフルサイズミラーレス一眼一眼Z f(仮名)が出たら多分買ってしまいそうだ。Z fc用のキットレンズがフルサイズ用なのでもしかしたら…なんて淡い期待もしているのだ。

 

| |

« RX1Rについて調べてみました-番外編- | トップページ | H温泉の旅動画をUPしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RX1Rについて調べてみました-番外編- | トップページ | H温泉の旅動画をUPしました »