« 宮ヶ瀬カブミーティング | トップページ | 三崎朝市に行ってきました »

2021年7月17日 (土)

アーカイブで旅を語る-ハノイ編-

2019年に行ったベトナムの首都ハノイの話です。

報告編でかなりの内容を書いてしまったのでアーカイブで書くことがほとんどないw

1.ハノイにするかホーチミンにするか

20210710_4
ベトナム観光と言えば、ハノイ、ホーチミン、ダナンが候補に上がる。どこにするか悩んだ結果、首都という安直な理由でハノイに決めた。他の都市を訪れていないのでそれが正解だったどうかは判断はできないが、ベトナム建国の父、ホー・チ・ミンさんの自宅や遺体はハノイにありベトナムの歴史を知るのはハノイで良かったと思っている。

20210710_6

南の国なので常夏と思いきや四季があるが行った5月はちょうど夏の始まり頃。日本より暑いことは間違いない。
ちなみにハノイとホーチミン間は1,500kmも離れていて飛行機が必須なので旅行中の移動はおすすめしません。

2.本物のコピ・ルアクはどこで買える?

ベトナムで有名なコーヒーであるコピ・ルアク。世界一高いことで有名なコーヒーを現地で少しでも安く買いたいと思って探したが、とにかく偽物が多い!
調べてみると安いものは偽物、ジャコウネコがパッケージに書かれていても香りだけつけているものがあり、コピ・ルアクかどうかの区別がつかない。
結局どれが本物なのかよくわからなかったので、一番信頼できそうなコーヒーチェーン店のチュングエンコーヒーレジェンドを本店まで行って購入した。

20210710_1
レジェンドは、コピ・ルアクを90%以上使用したブレンドコーヒー。コピ・ルアク100%ではないがそれでも1箱5,000円以上する高級品。味の違いは…、普段あまりコーヒーを飲まないのでわからなかったけど美味しかった。

3.お土産はAjisaiかGinkoで

Ajisaiは、日系ベトナム雑貨屋さんで日本人が欲しくなりそうな雑貨を多く取り扱っている。個人的にはばら撒きお土産には少し高めに思うけど商品は1つ1つ丁寧に包装されているので買いやすそうだった。お店自体は宿泊したヒルトンハノイオペラの1階にもあったが品揃えはハノイ大教会近くの本店には叶わない。とはいえどちらのお店も広いとは言い難い。
ちなみにお客さんはGW期間中ということもありほぼ日本人だった。

20210710_7

アパレルショップのGinko。ベトナムのライフスタイルがプリントされたTシャツがメインのお店。自分が買ったのはバッグでスーパーカブの奇抜な使い方がプリントされたデザインは日本では買えないものでお気に入り。今でも頻繁に使っている。

4.ベトナム流道路の横断方法

20210710_5

ベトナム流というか東南アジアの国に多いのが道路は基本的に車優先ということ。横断したいときは、車の合間を縫うようにして渡る。コツは前の車との間隔が空いているところを見つけたらそこに割り込むようにして入り一気に渡る。車は停まってくれないが人がいると少し間隔を空けてくれる。いわゆる阿吽の呼吸ってヤツだ。
帰国直後だとうっかりベトナム的な渡り方をしそうになった。日本で同じことをやったら滅茶苦茶怒られるでしょうね。

5.ベトナムで美味しかったのはPHOTHINの牛肉フォー

フォーは米粉で作った麺で日本でも比較的馴染みのある食材。

20210710_2

透き通ったスープに細かく刻まれたネギとパクチーがちりばめられている牛肉フォーは60,000VDN(約300円)。少しこってり味のフォーはラーメンに通ずるものあって非常に美味しかった。

20210710_3

日本で食べたい場合は、PHOTHIN TOKYOというお店が池袋にあります。

| |

« 宮ヶ瀬カブミーティング | トップページ | 三崎朝市に行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮ヶ瀬カブミーティング | トップページ | 三崎朝市に行ってきました »